ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

ブログを書いたり読んだりすることを

f:id:boundary-line:20200411150620j:plain

 

 自分の日常をネットに書き残しても、特に面白いことが無い。(昔はお互いにブログで書き綴る日常でつながるところが楽しかったけれど、今はSNSもブログもつながりすぎや関わることで、ネットでの疲れが増しますし)

 

少なくなった

 ブログを通して知りたい相手が少なくなったと思う。

 アクティブなブログ人口も少ないですし。

 

 自分と合わない考え方でも、ブログ読者としてはテキストが読める。

 テキストを読みたい気持ちと、テキストから受け取る内容が重なっていないと、読者でいられないのかな。

 

 でもそれらを重ねられないからといって、書き手か読み手に非があるわけではなく、そこにあるのは適度な距離感を維持して、気持ちがくっつきすぎないようにすれば、ほどほどに楽しい関係でいられるんじゃないか、と今は思っている。

 

おわりに

 内容を突き詰めて書いても、遊びで書いても、ブログは人に伝えるために書いている面が大きいと思うので、書き手が自由に書けるとは思ってなくて、しょうがなく書けてしまう文章でもあるというイメージもある。

 そこに面白さを入れられたら、私も少しは違うことが書けるのだろうけれど。もっと量を書く必要があるのかな?それでいいのか?