ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

Fitbitを購入して1ヶ月

f:id:boundary-line:20190701171611j:plain

運動と食事に気を使うようになりました

 

Fitbitを購入して1ヶ月が経過した。

購入以来、ほぼ毎日のように30分の散歩やサイクリングで運動を重ねて消費カロリーのログを取り、食事を大まかに記録して摂取カロリーのログを取り、ここまでやって体重が減らなかったらおかしいと思ってやってきた。

ログを取るということは、摂取カロリーが消費カロリーを超えないように意識することなので、体重が減るのは当たり前だからだ。

 

 

しかし3週目まで体脂肪は徐々に減るものの、体重は500g程度の減少で、「これは誤差範囲ですよね…?歳のせいですかね…?」と少し落胆していた。

4週目に入って-1kgのボーダーラインを越えたようだ。正直ホッとしている。

 

以前4ヶ月くらいで8kg体重を減らしたことがある。そのダイエットは若いのもあって、糖質摂取をできるだけ控え、運動は平日自転車通勤の往復2時間と結構ハードだった。その後、比較的短期間でリバウンドしたわけだが…。

 

今回は毎日3食バランスの良い食事をして、30分の運動にとどめている。

今回の目標は1年で12kg減。ひとまず1ヶ月の目標値を達成できてよかった。

 

ここで、私も欲があるのであるものを更に購入した。今朝、部屋の1m四方の荷物の山を片付けて、悦に浸っているところである。

半身になって通っていた通路が、ゆとりのあるスペースに変わると、精神的な安心感が湧いてくる。

「早くここにアレを置きたい!アレの発送メールはまだか!」とメールチェックがマメになった。

汚部屋の荷物片付けは、いい事づくしですね!

 

話を戻すとFitbitの良さは、ダイエットにいそしむことが大きな目的になるかと思うが、他にも睡眠時間の量と質を記録してくれる機能がある。

朝起きて体調が悪い時は、だいたい深い睡眠が足りていないことが多い。

Fitbitを使うと睡眠が可視化できているようだ。この機能は調子が悪いとわかる時に、しんどい作業で自分を追い打ちしないですむ。

 

もう老人なので、朝起きて「今日はやる気満々!」ということがまったくない。調子が良いのか悪いのかわからない。まるで五里霧中な体調である。

しかし風邪などで体調を崩すと、その「良いのか悪いのか…」と言っていた状態が、この歳なりの良好な体調であることを思い知らされる。そういう意味で、最近は体調が良い。

 

ログを取って、可視化。

可視化できることで、自分が何となくやっていることが管理できるようになる。ということが、今の楽しみなので、最低でも-12kgまでは続けていきたい。