ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

さよなら、はてなハイク

はてなハイクが2019/3/27、17時にサービスを終了した。

4ヶ月前に終了を告知されて、ある程度は悔いの残らない形で過ごせた。

 

はてなハイクは、ベータサービスの頃から利用してきた。

ミニブログというサービス名だったけれど、SNS隆盛時代に規模的にも、利用ユーザーの雰囲気的にも、比較的安心して使えるサービスだった。

長く利用してきたので、仲良くなった人もいるけれど、私のことを嫌っている人もいたみたいだし、決定的に断絶した人も、ある程度いた。

いい思い出ばかり残ったわけではないけれど、あの場所を失ったことの意味は、このあともじわじわと思い知っていくことになるのだろう。

 

今感じているのは、寂しいともちょっと違っていて、虚しいに近い。

人はまだ生きてるけど、集まれる場所がなくなって。

卒業に近いのかな。卒業した大学、ゼミや研究室が消失してしまった卒業。会社の倒産とか?

 

 

もう、個人相手のウェブサービスはペイしない時代なのかもしれない。はてなを見ていると、そんな気がする。

それを思うと、どのウェブサービスも、ここからどんどん終了していくんじゃないか、とも思う。GoogleでさえSNSを終了させる時代になっているのだから。

 

楽しいことを探そうと思う。

でも楽しいことって、なんだっけ?

たまに探そうとするけど、なかなか見つからない。

楽しめることの種まきを、してこなかったからである。

自分が熱中できることって、何なのかな…。

今やってる、写真もお話を書くことも、デザイン・レイアウトも楽しいけれど、なんか少し違う気もする。

 

今ぼんやり思っているのは、ウェブ制作の勉強をして、自分で自分の場所を確保できるようにしたほうが良いな、ということ。

WordPressの勉強とか、また始めようかな。

 

ついついぼんやりしてしまうけれど、ハイクを失ったことをしっかり覚えておこう。

ありふれた日常になっていた風景を、もう見ることはできない。

自分が大切にできるものは、そんなにたくさんないから、まだ残っている日常を大事に耕しつつ、新しい種を蒔こう。