ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

「ブログを書く」エナジーを低くしたい

余計なおせっかいと思いつつ

 ブログは好きに書けばいいと思っています。ブログは脳の排水で、いろいろダダ漏れくらいの方が、読む方は面白いと思っています。

 しかし、たまに「ブログを書く時間がない」とか、「ブログの書き方を忘れた」という話も聞きます。

 これは「ブログが書けない」というより、お忙しいみなさんの隙間時間で、パパッと下書きを書いておけば、ブログは書けるようになるんじゃないかな?と思っています。

 今回は、隙間時間でブログを書く方法を考えてみました。

 

私の結論

 今回の内容は、スマホのエバーノートアプリなどのテキストエディタで、音声入力をつかい(独り暮らしでないと難しいかもしれませんが)、布団でゴロゴロでもしながら、ブログの下書きをつくっておき、時間のある時に下書きを推敲したら、ある程度は楽できるんじゃないかな?という話です。

 

ブログ作成を楽にするために

 ブログに必要なエナジーは、以下のようなイメージです。

労力大文章を書く準備をする>>>ノートに書きだす>キーボードを打つ>スマホのエバーノートアプリなどでテキストを音声入力する:労力小

 

 私は時間だけはある人間なので、気の向いたときに、好きなようにPCに向かって書いています。

 一念発起して「ブログかくか~」→「下書き作成」作業のプロセスで、キーボードを打つ作業に入るのに、「やるぜ!やるぜ!おれはやるぜ!」までは行きませんが、テキストを入力するためにキーボードの前に座るとか、触るときに、ある程度の気力が必要になります。それを乗り越えないと、打鍵をスタートできない感じはあります。

 そのキーボードに向かうのが難しいという方に、スマホの音声入力をオススメしたいのです。テキスト入力する状態に移行することが、できるだけ低いエナジーでできると思うからです。スマホフリック入力が早い方は、そちらの方が早いかもしれません。箇条書きでも後で使えるメモになります。

 音声入力はざっくりとした下書きには向きますが、誤字脱字が多発することがあります。

 音声入力で大事なのは、意味が通るなら、誤字脱字は推敲するときに修正するつもりで、先にどんどん考えていること、思っていることを、テキストにすることを優先した方がいいと思います。

 

とにかく早く書く

 私は、ブログに限らず、書く時はあれこれ考えずに、ババーッと「早く」入力してしまうのがいいと思っています。

 あれこれ推敲するのは、入力した後でやればいいことで、書きながら考えているというのは、いい文章をつくろうとか、見栄えする文章を考えていると思っているだけで、ぐるぐるしているのと変わらないと思っています。昔のことを思い出したら、それをババッと書きだした方が、それに紐づいたこともパッと書けると思います。要は、思い出したことをウェブ公開したくないなら、公開記事に残さなければいいだけです。あくまで、下書きですから。

 ぐるぐるしていると、この先にアレを書こうとか、こういう話の広げ方をしようとか、いいアイデアがあっても、ぐるぐるのせいで抜け落ちてしまうことが多々あると思います。もちろん、それらが抜けていても、いい下書きが書けたなら、それでいいと思いますが、書くことを楽しむという面で、選択肢がたくさんあって、アレもコレもという感覚を活かせた方がよりブログを楽しめる気がします。

 

 私は脳内の排水をダバァーっとテキストで形に残すことが、一番楽なブログの書き方だと思います。大事なのは、それらを推敲しないで、ネットに放流することはしない方がいいということです。

 音声入力を活用できるようになると、「今度は下書きを推敲する時間がとれない、未公開の記事がどんどん増えていく…」となるかもしれませんが、下書きが残っていれば、後で読み返せますし、全体としてブログを書く作業が楽になるのは、大きいメリットのように思います。

 

5分だけ書く

 そういうやり方も効きます。つまり、例えばコーヒー1杯を飲む間だけ、ブログの下書きを推敲するつもりが、思った以上に集中して20分くらい経っていた形を狙うやり方です。

 隙間時間に、下書きをちょっと触るつもりでリタッチすれば、公開できるブログ記事は増えると思うのですが、どうでしょう。

 

余談

 同じことばかり考えていると感じていても、1時間前に思ったことと今思っていることは、ちょっとずつ違うはずです。本当に同じことを考え続けられるなら、それだけあなたの軸になっていることですから、テキストに残すことは、意味があることだと思います。それをブログで公開するかは、書いたあとで考えたらいいのです。

 私が「今考えてるぞぉ~」という感触の時は、いろいろ考えているようで、冷静になってみると何も新しく考えていない、ぐるぐるしているだけということが多いです。

 考え事をする個人のワーキングメモリというか、脳内作業机の広さは人それぞれです。単純に片づいていた方が良いというわけではなく、必要なモノが必要な時に取り出せるようになっていればいいのですが、あまりにも机が片づいていないと、脳内に他の考え事があるだけでひどく疲れたり、ストレスになって、机の広さを十分活かせなかったりします。

 だから、思ったこと、頭に浮かんだことを、片っ端から書いてメモを残し、あとでパズルのように組んだり、つなげたりすれば良いと思うのです。それが(ブログの)推敲だと私は思っています。

 書いておけば、残るし、見返せる。もう脳内になんにも書くことがない、思い出すこともない状態になって、はじめて考え事を始められるのだと思います。