ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

「エモい」を写真にインストールする

 「エモい」という言葉が、主にSNSで普通に使われているのを、良く見かけるようになった。

 「エモい」は、2007年には存在していた言葉らしいが、2016年の新語として広く認識されるようになった結果なのだろう。

 さてこの「エモい」。私もぼんやりとしたニュアンスでしか認識してこず、積極的に使う気もなかった。

 

「エモい」が意味しているところ

 「エモい」という言葉を使う場面は、感情が揺さぶられたときや、気持ちをストレートに表現できないとき、「哀愁を帯びた様」などらしい。

エモい - Wikipedia

 『三省堂国語辞典編集委員飯間浩明は、「「あはれ」と似た意味である」としている。

 もののあはれの意味するところは、「折に触れ、目に見、耳に聞くものごとに触発されて生ずる、しみじみとした情趣や、無常観的な哀愁である。」

もののあはれ - Wikipedia

 なので「エモい」は、「うれしい、切ない、寂しい」などの複数に交じった感情を表現するときに使われるようだ、とされている。

 コラムニストの荒川和久は、「いとおかし(=とても趣深い)」の意味もあると書いている。

いとおかしとは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

 

「日常」に「エモい」はあるのか

 このように古典で使われてきた言葉が、生まれ直したということであれば、私もぼんやりと理解できる。

 ただ私が日常生活で頻繁に使えるほど、私の周りに「エモい」ものは溢れていないようでもある。

 SNSのTLに流れる言葉をみていても、そこまで感情が揺さぶられることは無い。

 もともと「あはれ」が、「見聞き」することによって想起されるなら、意味の明確な「文字列」をみて「あはれ」とはならないのかもしれない。

 

「エモい」のつかいどころはどこにあるか

 せっかくぼんやりとでも理解できた新語なので、若者のふりをして使ってみたいというミーハー心もある。

 そこで思いついたのが、『写真』についてであれば、「エモい」写真はある(ありそうだ)と、私は思えることだ。

 写真はヴィジュアル言語であり、言葉の言語ではない。「うれしい、切ない、寂しい」といった感情が入り混じった複雑な感情を伝えたり、想起させるには、うってつけの表現形態であるように思う。

 

「写真」に新語をインストールする

 長年写真に親しんできた人にとっては、「エモい」をもっと的確な言葉で端的に表現できるのかもしれない。

 一方で、新しい言葉(意味は古典的だが)で、写真をとらえ直すと、写真に新しい視点が宿る可能性もゼロとは言えない。

 という訳で、私も写真について積極的に「エモい」観点で、自分の写真を見返してみようと思う。

 試しに最近デジタル撮った写真を、「エモい」と感じられるように編集してみたら、なんとなくフィルムで撮った写真に近くなった。

 私は、フィルム写真に対してとくに思い入れのある人間ではないが、子どもの頃見てきた写真はフィルム写真であることが、影響しているのかもしれない。

 もともと自分の写真で「切ない、寂しい」について写真表現することについては、得意であると思ってきた。

 しかし、ここに「うれしい」を入れるにはどうしたらよいのか、私には具体的に分からない。ただ、そういう試みは楽しそうである。

 

おわりに

 写真に関していうなら、ここ10年くらいハイキー写真が台頭し、たくさん「いいね!」されていた印象がある。

 私がハイキー写真に宿ると思うのは、「明るさ、ほのぼのとした」要素で、世界の鬱屈に目を向けても、私たちの世界が良くなっていく感じがしないために、せめて写真は「明るく、元気に」させてくれる写真が求められる時代なのだと思ってきた。

 ここに来て、「エモい」(うれしい、切ない、寂しい)という言葉が一般化していくなら、「エモい」写真が、日本を席巻しなくとも、見聞きできる物事に「エモい」という少し影があることを肯定的に、また日常的に意識できる時代になってきたのなら、時代位相の螺旋がまた少し進んだのかもしれない。