ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

江坂遊『小さな物語のつくり方』

 小説のショートショートを書くためのメッソッド本。

 写真を撮るにしても、お話を書くにしても、これまで読んできた上達の方法は愚直にやる方法しかないか、HowToモノで解説されている本がほぼ全てだった。

 が、この本が良い所は、心得と方法論が、体系的に端的にわかりやすくまとめられており、1冊読むとショートショートが書けるのではないか、と思わせてくれるところだと思う。

 「誰でも時間をかけたらよいアイデアが生まれる」という言葉を非常にうれしく感じた。

小さな物語のつくり方