ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

総ポエム時代を幸せにするヒト

 先日、Qiitaというウェブサービスについて、プログラミング技術の文章とポエムを分離してほしい、というような要望ツイートを見かけました。

 その発言をみて、初めて(ネットで言われる)ポエムの実感がつかめた気がしたのです。(いわゆる文学的な詩とは異なります)

 プログラミング技術の背景にある自己表現の私論とか、創作の背景にある思想がポエムなのかな?と。

 それなら、私が書いているブログも写真ポエムかもしれないな、と。

 

 ネットにポエムがあふれ出したと言われたのは、もう何年前でしょう。

 文化系トークラジオLifeで、ポエムの話を取り上げた2014年2月から、5年たってやっと私も実感できるようになったポエム。

 人によっては、写真でポエムなんて(ダサイのか、カッコ悪いのか)救いようがないという声を聞くこともあります。

 

 しかし、著名な写真家の写真論は、ありがたがって読む人もいます(私とか)。

 そういった写真論に触れて、何かつかめたと知覚するのは、そんなに悪いものではないはずです。

 

 私もネットでたまに写真ポエムを引き当てたときは、読んでみようとするのですが、読めないことが多いです。

 日本語で書かれていますし、文字列としては認識できますが、読み進められない。だから悪く見られてしまうのでしょうか?

 

 私が写真ポエムが読み進められないのは、言葉づかいや私論が過ぎて、一般的な読み手に届くように言葉を投げかけていないからではないかと思うのです。

 誰かとのキャッチボールではなく、脳内にあふれた言葉の一方的な排水。そんな文章がポエムと呼ばれるのかな?という印象なのです。でもそれを悪いと断じるのは、何か違うと思うのです。

 

 著名な写真家の写真論が読めるのは、写真家と私の間に編集者が入っているからではないでしょうか。

 まず編集者が星の数ほどあるポエムからキラリと光る原石を見つけて、写真家と対話して、写真ポエムを一般的に読める写真論に作り変えていくのではないでしょうか。

 


 写真ポエムをネットで披露するということは、私からすると、考えたことのログを置いていくことで、山を作っていくようなイメージです。

 その山を見て、「素晴らしい!」、「面白いね!」と共感してくれる人を待ち続ける山でしょう。

 だからログの山は、奇異に見えるくらいの偏愛で作られた方が、新しい発見を生む面白い山なのだと私は思います。

 ここまで書いて私は思うのです、これって1次創作の同人誌制作とほぼ同じじゃないかと。

 同人誌は2次創作ならある程度イベントでの需要が見込めますが、1次創作は甘い理想を持っていられない場所です。

 1次創作はネットと相性がいいと私は思っていますが、ポエムもイベントのような場所があればいいのかもしれませんが、敷居の低さからネットとの相性が、現状では一番なのかもと思うのです。

 でも難しいですよね。ブログを書いても、キーワードで引っかかった記事は読まれるかもしれませんが、その作者の一連の記事を読んでみるという風潮は、ネットに限らず書籍でもあまりないと聞きます。

 でも、創作文芸同人誌でおすすめされる同人誌を読むと、文芸の歴史を完全に知らずとも、商業誌では体験したことの無い読書体験をすることが多くあります。上手くは説明できませんが、何かが違うということだけは感じ取ることができるのです。それはすごく面白い体験です。

 

 ネットにあふれるポエムの山は、ほんのわずかな成功者の山以外、星屑と消えていく運命でしょうけれど、それでも偏愛をテキストに乗せて、虚空にポエムの信号を発信し続ける個人を、誰かとつなげられる編集者とウェブメディアが求められているんじゃないかと思います。

 いい仕組みを作れれば、ポエムの書き手が、ポエム編集者になっていくのかもしれませんね。