ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

自分の趣味を磨く結果は孤独へと続いていくか 

 誰かが趣味の芽を出そうとするとき、みんなで優しく見守って育てるのは大事です。

 趣味をスタートさせるときは、誰しも経験を積んできた人のすごいウデマエをみて、「自分はまだまだだけど、いつかはああなりたい」と思ったりするものです。

 しかしある程度自分のウデマエが上がった後も、皆が優しく見守ってくれるSNSのような場所にいられるのでしょうか?

 

 自分の話をしますが、私はある程度写真撮影の経験を積んできたので、私が夕景を1時間かけて撮影し、その後1時間写真編集をしてお見せする写真と、たまたまいい夕景に出会って、スマホでメモ代わりにサッと撮って見せてもらう写真では、見栄えに差が出ます。

 

 それぞれの写真に貴賤はないのですが、頑張って撮られた写真と、サッと撮られた写真がSNSに並ぶと、頑張った写真が簡単に撮られた写真をブン殴っているように見えることがあります。

 私は自分で写真が得意だと思っていますが、そんなに得意でもなく、経験も豊富ではない文章をSNSなどに書くことだと、気後れします。

 SNSに写真を載せることを、気後れする人がいるかもと配慮するなら、私も無編集の写真をお見せすることなどしても良いカモと思いますが、私は私で写真の練習を重ねて、さらにいい写真をお見せできるようになりたいので、手加減した写真を作るというのは、私にとっていいことではないでしょう。

 

 これから写真を始めてみようとか、写真初心者を委縮させるような頑張りは、私の望むところではないですから、みんなでゆるくワイワイ楽しい雰囲気のSNSに、今の自分の頑張りをお見せしていくのは、そぐわないのかもしれません。

 嫌われているかもしれないと感じる相手には、だいたい嫌われています。だから今回の話も遠からず、という面がある気がします。

 趣味である程度のことができるようになったとき、もっと上を目指してみたいなと思ったとき、みんなでゆるく楽しくという場所からは離れていくか、自分が何か新しい行動を始めないと、趣味をみんなでワイワイ楽しむことはできなくなるのかなと思うのでした。