ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

11月の読了

『世界のエリートが実践している 目のつけどころ ものの考え方』相川秀希
『恋愛迷子に贈る しあわせのコンパス』ANNA
『小商いのはじめかた:身の丈に合った小さな商いを自分ではじめるための本』伊藤洋志
『戦略の本質』野中郁次郎
『「孫子の兵法」がわかる本』守屋洋
『科学がつきとめた「運のいい人」』中野信子
『サバイバーズ・クラブ』ベン・シャーウッド
『良い戦略・悪い戦略』リチャード・P・ルメルト
『美しいアンティーク生物画の本:クラゲ・ウニ・ヒトデ篇』山田英春
『この方法で生きのびよ! 沈む船から脱出できる5つのルール』鈴木博毅
『古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室』鈴木博毅

 

『恋愛迷子に贈る しあわせのコンパス』

恋愛迷子に贈る しあわせのコンパス

 女性向けの恋愛相談本だが、読みどころが多かった。本書では、恋愛で陥りがちなパターンを8つほどあげて、分かりやすくポイントを絞った対策があげられている。

 私たちは人間なので、人間には無限の行動パターンがあると思いたいという気持ちもわかるが、私は人間と言うのはある程度の性格分類が可能な生き物なのではないかと思っている。もちろん血液型占ほどに単純ではないと思うが。

 この本も、これは自分のパターンかも?と思えるフックを、上手く用意していると思うので、恋愛で悩む人にはいい本になるのではないかと思う。

 

『小商いのはじめかた』

小商いのはじめかた:身の丈にあった小さな商いを自分ではじめるための本

 本業を持ちながら小商いを始めたり成果をだしている人を中心に紹介した本。小商いなのでみなさん収支はトントンくらいの様子だったが、仕事が楽しくないと感じることが多い人は、息抜きに読んでみてはいかがだろう?

 どうしようもなく好きで得意なことを生業にすることについては、「ストレスが少なくて、いいよ」という意見もあれば、「それが嫌になったときは、人生が終わるぞ」と言う人もいて、一長一短あるのだろう。

 しかし私は「仕事は苦労するモノ、辛いモノ」という考え方にはアンチなので、人生は1回きりなので試したいことは小さく試してみることをオススメしたい。

 その人の性格も大きく影響すると思うが、成功しても失敗しても、何かに精一杯取り組んだ経験は、人生にいい影響を与えてくれると思うのです。

 

『この方法で生きのびよ!』

この方法で生きのびよ! 沈む船から脱出できる5つのルール

 閉塞する仕事や事業をどう切り盛りするかという視点を、5つの切り口から書いたビジネス書。イノベーションを成功させる方程式は無いと個人的には思うけど、こういうリスト形式の本はリストに従えば成果が出そうで、読むとそれなりに気分が上がりますね。

 中でも、得意なことを仕事にするために頑張ること、でも5年くらい頑張って芽が出なかったことは目標を変えることが重要であるというのは、そうだよなぁと思った。

 得意なことでプロになりたいと思う人はたくさんいるが、例えばプロ漫画家になるのは難しいことだし、その中でいい成績を残し続ける作家さんは一握り。いくら得意で好きでも儲からなければ続けていけない。

 漫画家になりたいという思いに閉じ込められている状態から、漫画家という目標を漫画編集の仕事をすることに目標変更したら、食べていけるようになったという話が載っていた。誰もがプレイヤーから管理職になれば上手く行くということではないと思うが、そういう転換は、自分で視野を狭めているときは見えづらいものだし、他人の提案で試してみたら上手く行ったという例だと思う。

 自分でしっかり考えることは前提だと思うが、意外なところをもたらしてくれる人、もたらされるモノがあるときは、ちゃんと可能性を考えられる余裕を持っていたいと思う本でした。