ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

あきらめの悪い考え方

厭世的に

 これまでも自分のブログで、プロ写真作家になることやプロカメラマンになることは、目指していないと書いてきたし、今も変わりないつもりでいる。

 今の自分が現存する職種、プロカメラマンやプロ作家に収まるのは難しい。先に始めた人が圧倒的に有利だし、そういう席は満席だと思うからだ。人間誰しも誰かの後に生まれてきて、強制的に人生ゲームに参加させられる。

 自分もそういう職種になれる気がしていたころからはずいぶん時間も経ったし、遠く離れてしまったとも思う。

 

あきらめの悪い

 でも写真は続けているし、今も好きだ。だから、そういう肩書とはもう少し違う形で、写真撮影の技術を活かせないだろうか?と思い始めた。

 例えば自分がボランティアでやっている広報誌のお手伝い、ここ最近撮っている商品撮影未満の写真のように。

 それは素人以上プロ未満という腕なのだけれど、でもいくつかの仕事(その他の業種でも)をして、食べていけるくらいにできないものだろうか。

 これまでの考え方だと、プロになれないなら写真はスッパリあきらめてしまう選択肢しかないと思っていた。

 それをいい形でシフトチェンジしたり、目標にする肩書を変更することで、スッパリあきらめなくて済む選択肢を、自分で創れないものかということなのだけれど。

 

ちょっと具体的に

 自分でパッと思いつくようなことは、もう誰かがやっていると思うので、スグに「コレだ!」と思う仕事が見つからないのは当然だと思う。

 今思っているのは、現在は素人が撮っている写真をウェブに載せているところに、プロを雇う金銭的余裕はないが、もうちょっとだけいい写真が欲しいと思っているところに、上手く代替(アルバイトくらいで)アプローチする方法がないものかな?ということ。ウェブ通販のページで、素人さんが撮っているなと分かる写真の会社へ、営業をかければいいのかな…。ウェブで写真や動画を必要としているところ。どんなところがあるだろう…。

 

 最初にプロ機材一式をそろえて勝負に挑むことをしなくても、小さくテストするような場所を見つけるのも、才能のひとつだと思う。

 いろいろな人とのご縁や巡り合わせも大きいだろうが、そもそも自分の知らない場所も相当多いのではないかと思う。