ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

私の思うイカちゃんのプラベマナー

たかがゲーム、されどスプラトゥーン

 オンラインゲームや、特にFPSゲームのマナーについて書かれているウェブページは見つかったのですが、スプラトゥーンの特にプライベートマッチのマナーについて書かれているウェブページが見つかりませんでした。

 たぶん今どきの人たちは、ゲームのライブ配信を見て、ゲームのマナーを身につけていたりするのかな?と思います。

 今回は、私がロビーを立ててホストをするとき、また自分以外の人が立てたロビーに呼ばれたときに、こういうことが大事だなと思うことを書いてみます。

 

プラベに入るなら、一言伝えてから

 個人的にはレギュラーマッチは、何も言わずに合流しても良いかな、と思える最低ラインです。

 なぜならロビーを立てている訳ではないからです。でも一言あった方が、よりよいとも思います。

 ロビーを立てることは、ホストが何らかの事前調整をして、フレンドさんに集まってもらうことが必要になります。

 プライベートマッチやサーモンランでロビーを立てているところに、何も言わず合流するのは、ロビーのホストにとって、予定しない参加者が入ってくることになります。

 人数調整が出来ていなくて、結果的に助かったということもあるかもしれませんが、ホストと参加者が何らかの事前準備をした結果できたロビーに入るなら、せめて一言なんらかの連絡をし、いろいろな労力を使ったことに対しては、ありがとうの気持ちを忘れない方が、お互い気分よく遊べると思います。

 パスワードをかけていない、Switch Onineを使っていないロビーには、勝手に合流することもできますが、そこは最低限の連絡でいいですので、ロビーに合流したいことを伝えましょう。

 後で書きますが、無言というのは、コミュニケーション方法として最悪の結果を招くことがあります。

 

あくまでもチームプレイのゲーム

 いくら自分のランクやウデマエが上であっても、スプラトゥーンはチームプレイが大事だと、私は思っています。

 レギュラーマッチやガチマッチだけでなく、サーモンランだって、私の嫌いな言葉「戦犯」という言葉が出てくると、途端にチームワークはガタツク可能性があります。

 自虐的に、また冗談のつもりでも、「戦犯」のような、ゲームの勝敗を個人の責任するような言い方をしないことが、楽しくチームプレイで遊ぶ秘訣だと思います。

 

ギスギスしやすいからこその、挨拶

 スプラトゥーンは、インクバトルというオブラートに包んだ言い方をしていますが、根っこには、キルを取ること/取られることを含んでいます。

 プライベートマッチでコミュニケーションが取れないまま、同じ相手と戦い続けると、相当ストレスが溜まります。

 最初と最後のあいさつ、「よろしくお願いします」、「ありがとうございました」、「楽しかったです」などの一言で、少しはストレスが軽くなります。

 しかし挨拶をしても、同じ人に連続でキルを取られたりすると、ストレスが溜まるのは避けらません。

 でも、連続キルは止めて欲しいなど、ちょっとしたトラブル・ストレスを言いやすい関係をつくるきっかけにできるのは、挨拶かなと思います。

 だから挨拶が基本にあって、もっとできる人はゲーム中の声かけをすると、さらに良いと考えています。

 そのために、ボイスチャット(Switch Online, Skype, Discordなど)、せめてテキストチャット(TwitterのグループDMなど)が必要でしょう。

 これらのチャットを使わず、コミュニケーションしないでスプラ2をプレイできるのは、学生さんなら毎日学校で顔を合わせていて、ゲームをする以前によほど信頼関係が完成されているか、大人だったら自分のパートナーとの信頼関係くらいなら、チャットは必要ないかもしれません。

 

無言というコミュニケーション

 顔見知りでない、信頼関係が十分築けていない人たちとプライベートマッチで遊ぶときに、無言を貫くことは、何も言わない・伝えないということではなく、相手が何かを受け取ろうとしている場合、無言でコミュニケーションしていることになります。

 自分の無言として投げたボールが、相手にとって最悪の想像産物で補完されて、相手とキャッチボールすることにもなりえることを知っておいてください。

 だからと言って、不必要にしゃべる必要もないと思います。最低限のあいさつだけでも、十分だと思います。

 

おわりに

 私がホストになって定期的にお呼びしている方たちは、最初から十分な信頼関係があった訳ではないと思っています。

 ただ、同じウェブサービスを使っていた間柄という、言葉にするのが難しい空気感を共有できる人たちであると信じて私が声をかけ、スプラトゥーンで遊ぶことを通じて、お互いの信頼関係が出来きつつあるのだと思っています。

 もちろんこのことはバイアスがかかっていて、今回私が書いたようなことを重苦しく思って離れていった人もたくさんいます。

 今回書いたことは、あくまでも私が経験し、ROMしてきたことを元に書いています。こういうことも書いた方がいいんじゃない?ということがあれば、ぜひご指摘ください。