ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

ブログを書くこと読むこと

思い付きで書くブログ

 私は対面であまりモノを言わない人間なので、こういったブログなどで何か書くと、私の本音が書いてあると思われると困る。こんなことを断らないとといけない方が困るが。

 私は直感的な人間なので、思いついたことを書き連ねていく。脳にたまった排水をするために。だから、思い付きをこねくり回していく。

 

自分メモとして

 書いてあることは、学術論文や学会発表のように内容を確約できる内容ではない。ただの自分のメモ書きである。

 でもそれが、誰かの役に立つこともあるかもしれないと思って、ブログを公開している。実際、検索で飛んできている人もいたし。

 ヘイトにならないようにはしているつもりだけど、誰かを傷つけているかもしれないとは思う。

 

ブログを書く面白さ・楽しさ

 ブログのいいところは、最初はぼんやりした気持ちをこねくり回していたことが、ある瞬間にこの気持ちはこういう形になりたいのでは?と気づくところが、ブログを書く楽しさ。それは、自分語り100%で何の問題もないと思う。

 「他の人のブログと比べて」ということを考え出すと、至らない自分しか見えなくなるので、とにかく書きたいと思ったら、勢いでガッと書いてしまうこと。ブログを公開してしまうこと。抜けや漏れなく書く、ということはどこかに置いておく。書くという熱量をブログにぶつける。

 

ブログを読むとき

 人のブログを読むときは、こんなこと「も」考えてたんだな、くらいの気持ちで読むこと。

 あと、一つの記事が気に入ったら、他の記事も読んでみる。たまたまハマった記事だったのか、書き手に通底するものが見えたから気に入ったのか、いくつかの記事を読む時間が必要になるけど、上手くハマった部分だけ読んでも、木を見て森を見ずだとおもう。

 でもブログを書く時間をとれる人が、ほとんどいないみたいだから、ブログなんてほとんど読めないレアなものになったと思ってるけど。

 

おわりに

 同じようなことを何度も書くのは、個人的にはありだと思う。その関心を書きたいと思うなら、それがその人にとって一番大事なことでしょう。一番大事なことに一番時間を使うのは、良いことだと思う。