ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

ハンコック

 素行の悪いスーパーヒーローが、バディの働きかけで心を開き、信頼関係によってイメージアップを図り、みんなに愛されるヒーローになってめでたしめでたし。

 と思いきや、実は...で展開されるバックストーリーが後半に展開されて、エンタメ作品としてのヒーローものとして楽しめた。

 バックストーリーで出された設定には戸惑ったけど、映画としてはこういう設定がないと、薄いお話になってしまうんでしょうね。

 その設定には、細かいことを考えてみると「?」なところもあったが、お話がテンポよく展開していくので、映画を見ているときは気にならなかった。

 ヒーローものなので、テンプレ的流れで終わりそうなところをぶった切ったのは、面白い試み。

 人間味ある面白おかしい部分を付け加えた善人的ヒーロー像を、ハリウッドでも求めているんだろうけど、人間味あるヒーローとなると今回のハンコックのように、ちょい?ダメおやじでも面白い。見てないけど、マーベル作品でもそういう作風はありそう。

 だけど、もうちょっと違う崩し方、例えば穂村弘さんがスーパーヒーローになるようなストーリーだと、個人的には楽しめそうだなと思った。まあ、そういう作品もありそうだけど。

ハンコック (字幕版)

ハンコック スペシャル・エディション [Blu-ray]