ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

「勉強の哲学」千葉雅也

・勉強の「哲学」という哲学の本だから、難しくて半分くらい理解できたらいいかな、と思ってたけど相当言葉を砕いて、何度も反復して説明があるので、普通の哲学書よりもかなり理解できたと思える。
・勉強の理論から入り、実践はどうすればいいのか、どう本を読み、アウトプットするかまで書かれているので、理論が理解できなくても、方法としてすぐに実践できるところが、ショートカットもできる作りになっていて、すごい本だと思った。
・勉強したい、しようと思っている人に向けた、千葉さんのものすごい愛が伝わってくる本だった。

勉強の哲学 来たるべきバカのために