ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

『超「小説」教室』高橋源一郎

・新人賞選考をする高橋さんの、新人賞の考え方、目線をまとめた本。
・高橋さんの小説教室本は何冊も読んできたけど、この本は特に高橋さんの小説への目線、新人さんへの眼差しに、愛を感じた。
・ただお話を読むだけでなく、お話に書くことが出来なかった可能性まで読み取れるなんて、すごいなと思うし、怖いなとも思う。

デビュー作を書くための超「小説」教室