ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

必要最低限?

 カメラ周りのアイテムを買おうと、大阪まで出るつもりだったのだけれど、ネットで買えるとわかって、通販で済ませた。大阪まで出かける交通費と、疲労感を考えると、ネット通販の送料は相応なものだと思う。
 ネットで買って、当日届くようなことがあたり前になってくると、近所の買い物だけで生活できてしまう街があれば、特に物欲で困ることが無いんじゃないかと思う。
 
 一方で、出かけないと手に入らないという希少さと、興味はなかったのだけれどという偶然の出会いは、ある種ギャンブルのようなもので、近所の買い物だけでは満たされないだろうというのも分かる。
 大きな街に出かける疲労感や、交通費よりも、得るものがあると信じられる人が、あんなに日々たくさんいるというのは、なんだかすごい。
 
 大きな街が欲の渦で、渦に入って行って何かを得たという成功体験が、引いては返す波のように、人を大きな街に呼び寄せている気がする。
 
 私はそういうことが、なんだか割に合わないような気がしている。
欲の渦からは出来るだけ離れていたいけれど、渦の真ん中にいたら偉いとか、離れていれば賢いとは思わないし、外から渦を傍観しているつもりでも、立っている場所は渦から影響を受けているから、大差はないのだと思う。結局誰もが、自分にとって価値があると信じられるレイヤーの渦の中にいる。
 その例外は出家したような人なのだろう。そういうことをファッションのように着こなしているつもりの人に、そういう宗教に、だまされてはいけないなと思う。