読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

500pxを始めてみて

写真 雑記

今週から写真SNSの500px(500ピクセルズ?)を始めてみた。
登録時に最低限の英語が出来ないと厳しいけれど、ログインして設定を変えれば、一部日本語表示もある。500pxの手引きの日本語ブログを参考にすれば、たぶん誰でもアカウントを作れると思う。

 

無課金のアカウントだと、1週間にポスト出来る写真の枚数が、20枚なのだけれど、まあ1週間に20枚以上ポストすることも無いような気がするので、しばらくは無課金で様子見のつもり。

 

500pxでは、最近撮り続けている、モノクロ写真を中心にポストしようと考えている。
ただ今のところ、モノクロは初心者に近いような状態で撮っているし、初日、2日目とぽつぽつとしか「いいね」や「ファボ」がつかなかった。

ところが3日目に大阪駅とサラリーマンの写真で、目が開いたようなところがあって、いろいろ反応がもらえた。しかしこの写真の良さが、自分ではあまりわかっていない。

 

SNSなので、いろいろ反応がもらえることが、嬉しいというのはある。
でもSNSも他のところで長らくやっていると、SNSの弱いつながりなんて、世界へ漕ぎ出してみれば、圧倒的多数のユーザーがいるなかで、自分の存在を高めることなんて、あんまり望めそうにないと思う。それはすでにTwitterinstagramで世界とつながっている、という気分をあまり感じたことがないからかもしれない。

 

全世界で有名になるのは無理そうだから、というのはもちろんある。
一方で500pxで世界中の写真を見てみて思うのは、コミケに行ったら欲しい同人誌がなかったので、自分で作ってイベント出ます、というような気分が少しでてきている。

 

もちろん今の自分が、イメージするものをパッと撮れるわけではない。なんとなく、今の路上スナップで手探りしている写真が、指し示している方向で写真を続けていけば、世界のユーザーが集まる500pxの中でも、あんまり見かけない写真を撮る方向になる気がしている。

 

それが自分の中では面白いことだと思っているのだけれど、見ている人が伝わるかはわからない。500pxユーザーがどれだけいるのか知らないけれど、でも理解してくれる人はローカルなSNSより、いるのかもしれない。

 

とりあえず、新規参加者は2週間、500pxで目立ちやすくなるようにアドバンテージがあるみたいなので、その期間続けてみようかなと思う。

 

500px.com