ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

幸福温泉には耳なじみがない

ぱっと目にしたときは、「ほほう」と思う店名だったのだけれど、じっくり見返すと、何かがおかしい気がする。
 
「寝ること」と「幸福」は、結びつけられなくはないと思うけれど、それは寝る時間を削って仕事をしている人のような気がする。
私にとって寝ることは、しょうがなくやっていることで、寝たいだけ寝ているし、渇望していることではないからかもしれない。
 
幸福というのは、危険な薬物を使用しても得られるらしいのだけれど、私はそういう幸福は求めていない。刺激的なhappinessではなく、ありきたりなwell-beingに幸福を感じたいと思っている。

このお店の名前は、刺激的なネーミングに感じてしまうので、違和感を感じたのだろう。でも健康ふとん店だったら、何も感じないだろうなぁ。