ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

居場所

自分の居場所が、どんどん狭くなっていっている。

不用意な付き合いが減るというのは、良いことなのだけれど、新しい出会いがないと、どんどん袋小路に入っていって、何も見えない世界になってしまうような気がしていて、自分の行く先が不安だ。

以前にも書いたけれど、自分が良いと思う友達を1人得るには、100人くらい知り合いがいないとダメなんじゃないか、という気がする。めまいがするね。

しかし、創作をするに当たって重要なのは、完全にひとりになることだと思う。
でもひとりだと寂しいから、付き合いが欲しくなる。バランスが難しい。

みんなでワイワイ創るという文化祭のような経験は、私にもある。だいたい祭りは楽しい。けれど運営に携わった訳でもないので、祭りがずっと印象に残るような何かとして、自分の中には残っていない。たくさんあった人との出会いが、かすかに残っているくらいだ。

どの祭りも、小さなサークルも、みんなが知識ゼロの状態から「始めよう!」となる時が、一番楽しいのであって、それが居場所として定例化していくと、新規に加入するメンバーは、それまでに出来た雰囲気についていけないと、長続きしないという気がするし、既存のメンバーも内容を大幅に変えるような、新しいことをやりにくくなって、活動の振幅が小さくなり、最後は活動しなくなってしまうのではないか。

だから私の中では、たまに祭りに参加して、人間関係を広げたりするのは良いけれど、常に祭りや小さなサークルの楽しさを求めて、創作の糧にするというのは、私の性格では無理筋で、やめておいた方がいいと思う。
あくまでも、自分の中にある、「これが面白いことなんだ」という気持ちで創作を続けていって、発表したい何かが出来たときに、祭りに参加して、うまく行けば人間関係ができるくらいが、私と祭りのいい距離感なのかもしれない。

しかし、個人とのつきあいとなると、また違う。お互いの都合がいいときに会えればいいという付き合いで、続いているというのは、よほど深い付き合いができていると思う。
個人の付き合いは、会わない期間が長くなれば、会う頻度は減少していって、結果的に付き合いは無くなってしまう。
それは自然な流れだと思うけれど、この人は触発されるので面白いとか、会ってなにを話すでもないけど会いたい人と、定期的に何か理由を付けて会う機会を作るのは、大事なことだと思う。
みんな最後は死んでしまって、会いたくても、会えなくなってしまうからだ。相手が死んでしまった後で、そう思ってもどうにもならない。

居場所が欲しいと思っている気持ちを、満たしてくれていたのはSNSだった。SNSが出てきたとき、色んな人とつながれる楽しさがあった。
でも状況は変わってきていて、Twitterはリプライを飛ばさないと、ただ壁に向かって話している状態で誰ともつながっていないし、そういう壁に向かって話し続けている人達を眺めているのも、自分の精神衛生に良くないような気がしてきていて、最近はTLを眺める機会を減らしていっている。

はてなハイクは、はてなスターがあるおかげで、みんなが壁打ちしている感じがしなくていい。Twitterとの差は大きくないのだけれど、投稿に対して、スターを付けたり、もらったり、という関わりがあるので、何となく安心するところがある。

しかし、SNSはつながって、安心したいためにあるのだろうか。もちろんそういう性格の人もいると思う。ネットで会うだけでなく、実際に会ってみることを大切にしている人もいると思う。
しかし、大事なのは、そこで何をやりとりするのかではないだろうか。となると、何か意味のあることを、と思ってしまうが、私は意味が無くても良いと思う。そのやりとりに含まれるのは、有益な情報もあると思うけれど、やりとりに含まれる互いの雰囲気などが大切な気がする。そして、自分の見える範囲で、誰かが触発されれば、もっと面白い。

実際に会ったことのないけれど、SNSで付き合いのある人は、そういう部分で少し弱い。つながっていると思っていても、さーっと気持ちが離れて行った経験も多い。
それは、いくら頑張っても文字列と、画像、もう少し加えるなら動画、というネット上でやりとりできる雰囲気は、実際に会って表情が見えたり、声の大きさや、その場の雰囲気よりも、ずっと情報量が少ないからかもしれない。

居場所をつくるきっかけや、互いに遠くに住んでいてなかなか会えない人、とのつながりを持つ場所として、SNSは補完的に使える居場所だけれど、SNSだけで十分な居場所とは言えないように思う。

居場所探しも、けっきょく出会いに行けるだけの、お金がものをいうのかと思うと、うんざりするけれど、でもお金がないために居場所を持てず、居場所のなさという鬱憤を晴らすために、妙な宗教や社会運動に巻き込まれていくということが、減っていけばと良いなと思う。その受け皿って、どこにあるんだろう。