ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

図書館に感じる人とのつながり

「知識(本)は自分のお金で買うもの。借り物の知識(本)で身につくわけない。」といわれて、昔は「なるほど」と思った。
が、今になって思う。図書館だって、自分がお金(税金)を払っていると。

 

以前、ブック○フを自分の本棚だと考えよう、という話を読んだことがあるのだけれど、それを考えるなら図書館の方が、規模も大きくて可能性を広げてくれるのではないかと思う。
図書館の本に付箋を挟んでも、そのまま返却することは出来ないだろうし、本に線も引けないし、書き込みも出来ない。それはコピーを取ることで対応することだし、今ならスキャンしてPDFファイルにしておく、ということで対応できる。
ただどうしようもないのは、借りたいときに借りられないかもしれないこと。そういう不便さはある。

 

そこで出てくるのが電子書籍の貸出だ。国内でも既に電子書籍の貸し出しをする図書館もある。予約を入れる手間もないし、ベストセラー本を貸し出せるように、本を多く仕入れる必要もない。借りる人が端末を用意する必要があるけれど。

 

ただ電子書籍の貸し出しが増えると、また図書館は少し寂しくなるな、と思う。図書貸し出しカードが消えた時、まだ誰も借りていない本を借りる喜びがなくなったり、同じ本を借りた人の名前の履歴が分からなくなったように。

 

図書貸し出しカードが消えても、実物の本が貸し借りされるうちは、本の佇まいで人の気配を感じられたけれど、電子書籍になってしまうと電子ファイルには手垢も付かないし、いくら読まれても背表紙の糊付けが崩れることもない。
そこで貸し出しの履歴をバーチャルなものとして、例えば「この本は○回貸し出されました」ということが、わかったりすると、電子書籍にも多少手垢が付くのかなと思う。

 

安直なランキングにもつながるかもしれないので、思想として図書館には向かないかもしれないけれど、図書館という大きなものを、住民で共有しているという感覚は、残っていって欲しいなと思う。