ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

お酒おいしい

毎日のようにお酒を飲んでいるのだけれど、毎日とても美味しいお酒を飲めている訳ではない。
とても美味しいお酒に必要なのは、気の合う友人と、チョッと良いお酒があれば良いのだと思う。あ、食べ物も大事だけれど。
 
だけれど、お酒は独りで飲んでも美味しい。缶飲料のお酒は、チョッと良いお酒には追いつかないけれど、好みの味のお酒を見つけたり、期間限定で発売されるお酒を手に入れて、1人部屋で気ままにダラダラ飲めるのは、それなりにおいしいお酒の時間になる。
 
お酒は美味しくもあるけれど、摂取することで、身体の一部が麻痺して不自由な自分を感じるとき「ああ、生きているんだなぁ」と感じているのかもしれない。
大病をしたときに、初めて健康のありがたみに気付くと言うが、お酒でそれを手軽に感じているのかもしれない。
 
しかし、その感覚あまりにも強く切望するようになると、身体を壊してお酒を飲めなくなってしまうだろうから、お酒は、程々がいいんだろうなぁ。