読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

初めてのカメラ選びで使える豆知識

写真を撮っている歴が長いことを周りの人に知られていると、まだ自分のカメラを持ったことが無い人のカメラ選びを手伝うこともあります。
カメラも値段が安くなったとはいえ、初めて自分のカメラを買うとなると、簡単には買えなくて、カタログを見ていると知らない言葉が出てきたり、その言葉を調べても分からないことがあって、迷うことも多々あると思います。
 
そういう方を後押ししてくれるカメラ選びの話は、「カメラ選び」でウェブ検索すればたくさん出てきます。中には、このカメラが買いだ!とまで、書いてある話もあります。でも、自分が候補にしていないカメラだったりすると、また迷ったりしませんか?
 

カメラ選びに使える豆知識

そこでカメラ選びに使える、豆知識を書いてみたいと思います。
その豆知識とは「ウェブアルバムサービスを使って、自分の候補にしているカメラを使って、どんな写真が撮られているかを見る」と言うものです。
はてなだと「フォトライフ」、世界的に有名なのは「Flickrフリッカー)」というウェブサービスが上げられます。
 

なぜウェブアルバム

言うまでもなく、カメラは写真が撮れます。でも、カメラの機種やメーカーによって、撮れる写真に色味が微妙に違っていて、そこが撮れる写真の味になっています。またはカメラだけで大きく画像エフェクトをかけることのできる機種もあって、撮れる写真の印象がガラリと変わったりします。
 
カメラのカタログに書いてある性能を読んで、実際に撮れる写真を理解できる人はカメラの性能で写真を選べるかもしれませんが、初めてカメラを買う人には難しい話だと思います。
 
そのカメラで撮れる写真の参考になるようにと、カメラのカタログには写真がたくさん使われていますが、いずれもプロが撮ったものです。最高級のシェフが、普通の食材を使って料理したものは、多分美味しいのではないでしょうか。
仮にカメラ初心者の方自身が、実際に撮れる写真の参考になるのは、普通のユーザーが候補のカメラで撮った写真が、どんな印象で撮れているのかという方が、カメラ初心者は参考にしやすいかもしれません。
 

注意点

ただし、ウェブにアップロードされている写真が、Photoshopという画像編集ソフトで加工編集されてアップロードされていたり、カメラで撮った写真の大きさや鮮明さを変更してアップロードされている場合があります。またレンズ交換式のカメラでは、使うレンズによって撮れる写真の印象は大きく変わります。
 
そういう訳で、候補のカメラで撮影されてアップロードされている写真だけを見て「特定のユーザーの写真だけで、購入するカメラを決める」のはしない方がいいでしょう。
あくまでも、候補のカメラで撮影された「写真群」を眺めて、どんな写真が撮れるのかという雰囲気をつかむために、ウェブアルバムを使ってみてください。
 

一番良いのは。。。

このウェブアルバムを使う方法は、あくまでも簡易な方法です。(なので豆知識なのですが)
私が思う一番いい方法は、カメラ雑誌で組まれる新製品群を特集した号を読むことです。何故かというと、違うカメラで、同じ被写体を、同じ条件で撮影した写真の比較ができるようになっていることが多いからです。
 
ウェブアルバムでは、同じ被写体を違うカメラで、同じ条件で撮っている場合を見つけることは、なかなか出来ないと思います。(タグなどの検索を使えば、同じような写真は見つけられますが)
でも、ウェブアルバムで、写真の色味は見られるかと思います。色の発色がどんな印象なのか、数字や言葉でなく、目で見える写真で比較してみるのも、候補を絞るのには役に立つかもしれません。
 
 
まずは日本語で検索できる、はてなフォトライフを使った、画像検索を次に紹介します。
 


初めてのカメラ選びで使える豆知識(はてなフォトライフを使う方法) - ウサギノオト

 


初めてのカメラ選びで使える豆知識(Flickrを使う方法) - ウサギノオト