読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

グルグル脱出のアイデア

頭の中のグルグルは、必死で考え事をしている気持ちでいるのだと思う。自分もそうなる時があるのだけれど、その考え事を続けると、思っていることが、自分の手でどうにか出来ることから、どんどん離れていってしまうと思うので、それを続けるのはおすすめの状態とは思わない。
 
そこで刹那の自分の身体感覚に自分の脳を引き戻す行為が必要になると思う。それはある種の没頭感を感じることかもしれないし、呼吸を整えて瞑想することかもしれない。
 
自分の場合、カメラを持って外に出て目の前に現れる光景に集中する(写真は1時間で100枚くらい撮ります、連写ではなく)とか、軽く息が上がるくらいの早さで歩くとか、ある程度の運動負荷で自転車をこぐとか(ハートレートモニターがあると捗ります)、長文の書き物に集中して推敲するとか、難しい目の本を読むするとか、そういうことで自分のチョッとハードに身体を使って、身体感覚を取り戻しているのだと思う。
 
そういうことを1日の間にいくつかを組み合わせて、今日は身体や脳を使ったなぁという状態にできない日が続くと、余計な考え事をしがちな気がする。
もちろん、体力が減ってしまっているのに無理して運動すれば、身体を壊すだろうし、自分にあった程度のハードさでする、ということが前提になるとは思いますが。
 
あなたは、何かグルグル脱出法を持っていますか?私にもよかったら教えてください。