読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

研究

研究職についていたころに見えていた上司を思い返すと、あれだけ学歴もあって、頭の回転も早くて、知識もあって、あれだけの時間を仕事に費やして人が、得られるものは、自分からすると、ずいぶん割に合わないことをしているという印象だった。
だから、あれだけ好きでないと勤まらないと思うし、自分には無理なんだなと思ってしまった。
 
あとは非コミュゆえの自分の政治力の不足。研究者というと、研究にひたすら打ち込んでいるイメージかもしれないけれど、上司や理事に自分の仕事のすばらしさを、いかに伝えるかということが、絶対的に必要だ。自分の研究に、よりたくさんのお金を回してもらうために。
 
だから世界的に通用する研究者は、何でも出来るスーパーマンみたいな人だ。頭が良くて、人当たりも良くて、交渉事もうまい。あとあれだけの仕事量を続けていける体力がある。

個人的に研究職で学んだのは、研究の世界で生きて行くなら、徹底して自分の看板で自分の仕事をすること、組織に甘えないこと。
研究の世界に戻りたいと思っているわけではないけれど、あれはあれで、掛け替えのない経験をさせてもらったと思っている。