読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

書くこと

上手いとか、良いとされる文章ブログは、どうやってブラッシュアップしていったんだろう。他の人のブログをTwitterのTLや、はてなからのメール以外で、自分から定期的に読みにいかない自分としては、「これこそが良い!」と思える基準が何なのか分かっていない。読みやすいか、読みにくいか、くらいの価値観しか持っていない。

自己評価しやすいのはアクセス数だけれど、それが書いているものの善し悪しを決めるとは思いたくはない。「読まれていないけれど、面白いものが存在しているはず」というのは、自分の中の幻想なのか?
でも数の評価というのをハナから否定するのも難しい。アイドルは数でも支持されているけれど、質が悪い訳じゃない。

じゃあ何があるの?と聞かれると、返事が出来ない。趣味について書いていた時に思っていたのは、読んでくれた人が「生きよう」と思ってくれることなのだけれど、それが上から目線な気もする。「ニートな自分は何様なのだ」と、自分が気持ち悪くなったりする。

考えをこねくり回すだけの生活というのも、良くない気がする。自分の頭がいいように見せたい訳ではないのだけれど、読んだり聞いたりしたことで、何かを書くということが、泥臭い経験が無いぶん、何かの上澄みでしかないように思える。「もっと自分を掘り下げろ、綺麗事じゃないことをさらけ出せ」ということなのかな。

そういう意味では日記の方で、もう十分気持ち悪いくらい、日常をさらけ出していると思うのだけれども、ブログだと、まだ十分に手が滑らないのかもしれない。
「手よ滑れ!」と思っていても、読みやすさを求めて手を加えると、当然書いた勢いみたいなものが削がれるし、難しい。公開して、後悔するくらいの方がいいのかな。
 
今はただ「手を動かし続けないと、分からないだろうな」としか思えない。こういう個人的な葛藤は増田に書くのが礼儀なのかもしれないが「こういうのも含めて自分なんだぞ」というのを、自分から離れたところに置きたくない。だから書ける分を書いておきたいと思う。