読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

趣味の小さな一歩

たまに「金のかからない趣味がないか?」と聞いている人がいるが、なんだか虚しい質問だなぁと感じてしまう。それはお金が足りず道具が揃えられなくて夢中になれないとか、生活を圧迫しないで没頭したい、と言うことなのだろうか。それとも沼が怖い?
 
「趣味には金がかかるものだ」と言うのは簡単だけれど、でもやっぱり一般的な趣味というものは、没頭や熱中で語られるもので、お金は後で考えるか、何とか生活をやりくりするものだと思う。と書くと、自分は趣味で破滅する方なのかもしれないけれど。

 
そこまで無茶をしなくても、趣味を始めるには初心者なりの制約を受けつつ、その中でどう楽しむか、というところが肝のような気がする。
 
写真の場合、お金が潤沢にあれば、高い機材を揃えることができる。でも、だからと言っていい写真が撮れる訳ではない。はてなフォトライフの機材タグで検索してみれば、高い機材より携帯のカメラで撮った写真の方が、いい場合だってあるだろう。
最低限の初期投資で道具を揃えつつ、限られた道具の中で、最大限楽しむにはどうしたらいいのか、ということを考えるのも、趣味の一部だと思う。そうすれば、自分の意志で沼だって避けられるだろう。

だからお金のかからない趣味を探すのではなく、興味のあることを小さく始めて欲しいと思う。