ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

雑記

COMITIA 112 でzineを委託販売します

友人のnoboru氏が、「あいまいラテ」というサークルで同人文芸誌を作って出展するところで、私のzineを委託販売をしていただけることになりました。 COMITIA 112 に出展します - あいまいラテlatte.skip-f.net 委託販売するzineは、去年の冬に三条富小路書店…

図書館に感じる人とのつながり

「知識(本)は自分のお金で買うもの。借り物の知識(本)で身につくわけない。」といわれて、昔は「なるほど」と思った。が、今になって思う。図書館だって、自分がお金(税金)を払っていると。 以前、ブック○フを自分の本棚だと考えよう、という話を読ん…

文章の年齢

このごろはお金もなくて、新しい本も気軽に買えないので、自分の蔵書から読み返していることが多い。 時代に即して買かれた本は、懐かしい感じがするし、本質を追求した本は、まだ新しい発見がある。 そんな中で、気に入っていた本を読み返したら、ものすご…

寛容さを身につけたい

登録しないと読めなくなってしまっているが、リンクを貼っておく。 内容は精神障害者のホームを川崎市で作ろうとしたら、周辺住民の反対運動にあってしまった。という話だ。 わかりあえたら:不寛容時代に/1 住民、漠たる不安 住宅街の障害者ホーム建設 「…

本年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。 このブログに、こういう挨拶はいらない気もしたのですが、年末のご挨拶もしたし、年始のご挨拶もさせていただきます。 自分が仕事に就くまでは、去年の更新頻度+1くらいにできるようにしていきたいと思っています。 本年も…

よいお年をお迎えください

「ブログを書いてみてはどうでしょう」とAsk.fmで誰かにいただいた一言を受けて、2014年に書き始めたこのブログ。 そもそも自分に何を期待されて、書くことを勧められたのか、本人にはよく分からない。読み返してみると、いかにも自分が書いた(当然だが)文…

クリスマスを独りで過ごす人へ

クリスマスやバレンタイン、カップルで過ごすイベントの日が来ると、恨み節を唱える人が絶えない、と思うツイッタランド。 昔は自分にも独りで過ごす時に、そういう気持ちもあったと思います。でも、今も独りの自分にとって、恨み節はあまり感じなくなって来…

ウェブを使って何をしていますか?

ブログを書いたり、写真を撮ってウェブに載せたり。自分はウェブで何をしているのだろうか、と最近よく思う。はてなで活動している分には、はてなスターがかえってきたりするので、コミュニケーションになっているのかもしれない。ウェブサービスを通しての…

三条富小路書店5をみてきました

自分も参加している、京都h2oギャラリーで開催されている、三条富小路書店5に脚を運んできた。 三条富小路書店5 三条富小路書店5 平日の夕方で、行き道では小雨もぱらついていたのだけれど、ギャラリーは暖房も入っていて、暖かだった。 10畳ほどの広さのギ…

ネガティブと信用

クヨクヨしたり、ネガティブになったりということは、明るく元気ということより、世間的に低く見られている気がする。写真の言葉で書くなら、ハイキー写真という、露出補正を上げて、白飛びしている部分が出るくらいの写真が、好まれがちな気がするように。…

ネガティブとの距離

TwitterではFacebookよりネガティブなつぶやきが多いとか、Web全体で見ても個人的なネガティブが、人の目に触れやすい世の中になったと思う。昔は純文学を書き残すくらいの気概がないと、出来なかった事なのではないか。世間が悲観的な方向に向かっているか…

三条富小路書店5に出展します

kurahate22さんが以前、12月京都でzineを販売するイベントに参加すると書かれていたのを見て、自分もzineの販売をしてみたいと前から思っていたので、同じイベントに参加することにした。日程は2014/12/2〜12/14である。 三条富小路書店5 三条富小路書店5 zi…

能動的消費

消費に対して能動的というのは、Amazonレビュー、食べログ等、色々なところで、当たり前に目にするようになった。これはスポンサーの付いていない個人が消費したという合図が、能動的に表に出てきていると見ることも出来ると思う。 よく目にするレビューは、…

最近の書いてみたことについて

ここ2つくらいのブログポストは、L!feのノートにアクロボールのボールペンで、テーマというか書きたいと思っていることを、これ以上書けないと思うまで書き出すようにしてみた。その後でEvernoteに書き出して、削ったり足したりして、ブログに公開してみた。…

書くこと

今週のお題「書くこと」 自分の中で書く場所は、もっぱら日記かブログになる。 日記は忘れっぽい自分の忘備録として書いていることにしているけれど、読まれることを前提にしている時点で、ある程度は書いている時から見返すし、文体も読みやすいようにして…

SNSと付き合うアイデア

SNSしながら、孤独だとか、寂しいなんて書いている時点で、自分のことが良く見えていないのかもしれない。でも寂しいのは事実だろう。寂しいのは悪いこと、とは言い切れない。「独りで寂しい」と思うのと、「独りでみじめ」と思うのでは随分違うはずだ。でも…

グルグル脱出のアイデア

頭の中のグルグルは、必死で考え事をしている気持ちでいるのだと思う。自分もそうなる時があるのだけれど、その考え事を続けると、思っていることが、自分の手でどうにか出来ることから、どんどん離れていってしまうと思うので、それを続けるのはおすすめの…

研究

研究職についていたころに見えていた上司を思い返すと、あれだけ学歴もあって、頭の回転も早くて、知識もあって、あれだけの時間を仕事に費やして人が、得られるものは、自分からすると、ずいぶん割に合わないことをしているという印象だった。 だから、あれ…

日記

日記を一部の方に限定して公開するように変更しました。 自分以外非公開でも良かったのですが、一部の方には公開しているのは、読まれるということを意識しないと、文章より楽なメモ書きになってしまうのではないかという気がして、自分にある程度負担を残す…

何を売っていますか?

noteで有料コンテンツを作ろうとか、minneでポストカードを売ったり、というのは、「結局、何を販売しているのかなぁ」というのを、最近よく考える。 ポストカードだと物が届くので、単純に商品の対価として受け取っている、という考え方も出来る。だけれど…

先回りはどうしてますか?

毎日日記を付けているのだけれど、日記を入力するガジェットによって、出来上がる文章の印象がずいぶん変わることに気付いた。今更かよ、という話かもしれないけれど。 普段はPCで日記を書いているが、PCから離れたときはiPhoneで日記のメモを付けているのだ…

書くこと

上手いとか、良いとされる文章ブログは、どうやってブラッシュアップしていったんだろう。他の人のブログをTwitterのTLや、はてなからのメール以外で、自分から定期的に読みにいかない自分としては、「これこそが良い!」と思える基準が何なのか分かっていな…

褒められるだけ、ではない頑張りの考え方

最初に。 増田を読んで、思いつくままに書きなぐったので、私にしては長文です。覚悟してくださいね〜。 褒められたいって思っちゃ駄目なのか? パッと読んだ時に、増田の創作系の話だと思ったので、私が趣味としている写真に置き換えて、自分の経験と知識を…

個人間取引

個人間取引が流行っているとTVで観て、ここしばらく興味を持っている。取引が出来るサイトも色々あって、それぞれに特徴があるようだ。 自分が個人間取引で出店するなら、写真しかないけれど、サイトに上がっている写真作品は、写真のレベルも値段も様々で、…

お酒おいしい

毎日のようにお酒を飲んでいるのだけれど、毎日とても美味しいお酒を飲めている訳ではない。 とても美味しいお酒に必要なのは、気の合う友人と、チョッと良いお酒があれば良いのだと思う。あ、食べ物も大事だけれど。 だけれど、お酒は独りで飲んでも美味し…

自由になるって、何から?何について気楽になりたい?

パッと思いつくのは、お金かな? お金でやり取りする世界において、これほど不自由を感じる縛りも無い。それはお金がないから、買いたい物も買えず不自由という発想だと思う。大きな金額のお金があれば、何かしたいと思っている人には、たくさん出会って来た…

学生時代に見ていたこと

今週のお題「卒業」 個人的に思い出せる卒業式は無いのだけれど、卒業したなと思ったのは、学生時代に活動していた地元の青少年健全育成のためのボランティア活動からの卒業だろうか。 ボランティア活動は、大学4年間に渡って通年行った。メインは夏の子ども…

ペンネーム

こんにちは。小出マワルです。 小出マワルという名前は、本名ではありません。ペンネームです。 名字の「小出」は本名なのですが、「マワル」は自分で付けました。 理由は子どもの頃「小出」という名字を「漕いで」と解釈され、「小出〜、自転車漕いで〜」と…