読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

白黒川柳 #12

こんにちは、小出マワル。です。 先月は夜に撮った写真が多かったので、夏の夜で選んでみました。 アウトオブ眼中ならば ただの店 どこいても 隙間埋める スマホかな 駆け抜ける 夜に残った 微熱抜け 夜黒く アイランドなら 連れ合いと 一人手に 夏の思い出 …

白黒川柳 #10

こんにちは。小出マワル。です。 今回の白黒川柳は、夜の写真をあつめてみました。 多様さが歩む先 闇か光か 待ち時間 嫌いな私は 真似できず 本当に ぶつけるから 気が抜けない 気を抜かずダンジョンをゆく この先へ 見送られ 光のなかへ向かう君 煌々と照…

白黒川柳 #9

こんにちは。小出マワル。です。 またちょっと間が空いてしまいましたが、また白黒川柳を詠んでみました。よろしかったら、ご覧ください。 裏路地の目配り歩き またたのし 鮮魚なら まかせておける あんちゃんに 重なりはランダムウォーク気まぐれに 店構え …

写真をウェブで見せることについて思っていること

自分の中で写真作品を撮るという感覚が、少し変わってきたように思う。前から、自分の撮った写真をウェブで見てもらうときは、複数枚で見てもらうようにすることを意識していた。ここにきて、もっと多い20枚とか30枚という分量で、写真を見てもらうことに意…

白黒川柳 #8

こんにちは。小出マワル。です。 久しぶりに川柳を詠んでみました。 閉ざしても その輪郭は見えている しろくろの四角い世界 滲みこむ ライト浴び 歩み合わせて先いそぐ 決められた 四角い世界 ウォーキング 降りてゆく白い架け橋 あうために 1ヶ月以上時間…

しろくろ川柳 #7

こんにちは。今週は川柳を詠んでみました。 よそみせず駆け抜けてゆけ未来へと 蔦をつなぎ二人もあたためあって 引き出して歩幅大きく歩き出す 追い立てる姿現すスプレーで 「天才」と書きなぐられて立ちつくす 秋に作る予定の同人誌に向けて、もっと写真を…

いろいろ川柳 #6

こんにちは。小出マワル。です。 今週も川柳を詠んでみました。 土俵背負えるほどの体格なく 待ち針で晴れ間いっとき休ませて 飾り気を失った姿うつしを 一色に染まらぬ森で陽を盗む この集まりはJKか?おばばか? 玉砂利と大地と共にマワルも では、またの…

いろいろ川柳 #5

こんにちは。小出マワルです。 他の書くことに集中していて、ちょっと川柳を詠む間があいてしまいました。 この電波つなぎたい春の陽気に 漆黒に落ちないようにつなぐ手を あなたの色さえ私のものにしたい 積み上げた本の数だけ遊べるよ 家の記憶はもう蒸発…

写真川柳 #4

こんにちは。今週も川柳を作ってみました。 では、さっそく。 枯れゆく音サイダーの泡はじけて ゆく雲を捕まえようと網をはる マリオの世界まちに立ち現れて どこの隙間にも緑を置きたくて 花屋に急なエッジで切り込んで 「て」とか「で」で終わる川柳が多く…

白黒川柳 #3

こんにちは。小出マワルです。 今週も川柳を書き出してみたいと思います。 欲望は陳列されて手にとれる 丸窓に光見つけて寄ってみる 影一瞬抜けて流れ出しゆく 六連星輝くは走りのなか 冬の陽でのびる影みてあなた誰 まだまだ川柳は分かっていませんが、自分…

白黒川柳 #2

調子に乗って、今週も川柳を出してみます。 さかさそら 線でたくさん 区切られて えべっさん 飴売り子にも 光あれ へリックス 影をしっかり 巻きつけて 案内は 直進です BADでも 二人なら 何でも残す 思い出を まだまだよくわかっていませんが、今週の川柳で…

ちょっと試しに川柳を

自分の写真の今以上の使い方を考えてみて、思いつきで川柳にしてみました。 この街で 生きていくこと 進むこと 疲れたら 雲の上にて ひとやすみ どこまでを 吸い尽くせたら 人生か 信号を 待っている間に 歌い出せ 悪夢から 守っておくれ クモの巣よ せっか…