ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

2019年下半期の読書まとめ

今日は年末の走り書きです! ツイッターのTLを見ていて、いろいろおかしいねと思う年末です。 この世は、おかしなことで満ちあふれている どこもおかしくない世の中が歴史上一瞬でも存在したことは無い 世の中はいつもどこかおかしい おかしいねと言いながら…

ブログ若干の変更のお知らせ

カタカナの名前ばかりになりました こんにちは。ばにーです。 写真ブログの名前を「パイログラフィリカ」に変更しました。 今一度、利用中の3ブログをどういうつもりで運用しているか/していくか、備忘録メモを残しておきます。 ざっくりと 大きな変更点は、…

Spotifyで再生数の多い日本のアーティスト(2019.11.20)

2019年もそろそろ店じまいが近づいて参りました。 Spotifyでは年末になると、今年自分がよく再生したアーティストや曲名を教えてくれます。毎年、こっそり楽しみにしています。Spotifyさん、今年もよろしくお願いします! 年末になればSpotifyの全体ランキン…

スプラトゥーン2のラストフェスを終えて

自分はラストフェスに参加できなかったのですが、ひと区切りだと思うので、スプラご近所会という「スプラトゥーン2」で遊んでいた集まりについて、思っていたことを書いてみます。

Fitbitを購入して1ヶ月

運動と食事に気を使うようになりました Fitbitを購入して1ヶ月が経過した。 購入以来、ほぼ毎日のように30分の散歩やサイクリングで運動を重ねて消費カロリーのログを取り、食事を大まかに記録して摂取カロリーのログを取り、ここまでやって体重が減らなかっ…

2019年上半期の読書振り返り

2019年上半期は大きく読書ペースが落ちた。しかし、いい本との出会いもあった。 質より量でやっている読書で、出会えてよかった5冊をあげてみます。

若林正恭『社会人大学人見知り学部卒業見込み』

若林さんの2010~2014年の人生の思考ログを重ねたエッセイであった。 これは自意識過剰な自分を衆目に晒すという、自虐的で、本人は恥ずかしいと感じられているのではないか、辛いのではないのかと思わせる。 でもクスっと笑わせるネタは、やっぱりプロのそ…

阿佐ヶ谷姉妹『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』

馴染みの飲食店の泣ける話。お互いへの愚痴でありながら、どこか笑える話。どれもよかった。 この本を読む限りでは、阿佐ヶ谷姉妹は、お互い本質的に好きで6畳一間に一緒に暮らしている(いた)。 たまたま同じ劇団に在籍して、外見が似ているからという理由…

マツダミヒロ『質問は人生を変える』

梅田悟司『言葉は武器になる』と似ている。梅田の本が理論とHow Toで書かれているのに対して、こちらは読みやすく、心に作用する感じ。 内容としては、自分が何をしたいのか、頭の中にあるぼんやりしている物事の輪郭をはっきりさせるために、自分に質問して…

趣味探しの道も日記から

趣味探しをされている方のブログを読んでの、私からの(けっこう長い)回答になります。 趣味も探しているときが、一番楽しいのかもしれません。まだ染まっていない反物を、何色に染めるかワクワク出来ます。 でも長らく趣味と呼べるものがないと、周囲の人…

堺屋太一『人を呼ぶ法則』

初読は、うまいこと読まされてしまった。よく書けていると思った。 しかし再読すると、社会構造も一般人の懐事情も、「江戸時代の大衆演芸」と「現在のイベント」を同じ背景で語るのには、無理があるように思う。 本書に書いてあるのは、イベント開催の目的…

pha『持たない幸福論』

phaさんの思う人生において大切なことが冒頭の方に書かれていて、自分も「そうだな」と思っていることだった。 それは、「一人で孤立せずに社会や他人との繋がりを持ち続けること」と「自分が何を好きか、何をしているときに一番充実や幸せを感じられるかち…

フロンティアはどこにある?

SNSサービスがいろいろ出来始めたとき、SNSを公園のようだと思っていた。めいめい集まって砂山を作って遊んだり、遊具で遊んでいると思っていた。 SNSが生まれて10年以上経ち、雰囲気はすっかり変わってしまった気分だ。 公園で遊んでいる人もまだいるけれど…

言葉に疲れる時代に思うこと

ボヤキ 睡眠時間が5時間以下になると、健康状態に問題が出てくるというウェブ記事をツイートした。個人的には、まあこういうこともあるので意識したほうが良いですね、くらいの感覚だった。 が、このツイートをRTした人がRTに続いて、眠れない人にとってはプ…

割と落ち込んだり、悩んだり

このブログには、個人的にこねくり回したことを書くので、どうしても生存バイアスのかかった強い言葉で書いてしまっているときがあるな…と、昨日の記事(感動してないのは努力が足りない、みたいに読める…)を読んでいて思ったのでした。 もうSNSには記事更…

自分を救ってくれたもの・こと

太田光さんが語った話が良かったので、ちょっと自分も自分語りを。 太田光が自ら語った「ネットでなくてテレビだからこそ伝えられること」~川崎20人殺傷事件について~(水島宏明) - 個人 - Yahoo!ニュース

人体実験は楽しい

自分の生きている日々、24時間の活動ログを取っていくと楽しいという話。 以前はタイムロガーとかいうスマホアプリでログを取っていたが、データがどこで何に使われているかわからない不安が出てきて、やめてしまった。 以前もやった活動ログを、去年末から…

読書メモ『昨夜のカレー、明日のパン』

久しぶりに小説を読んだ。思いの外楽しく、いい本だなぁと思った。 ここ数年、実用書中心の読書だったけれど、小説もいい出会いがあれば楽しいものなのだ、ということを教えられた。

SNSの明暗をどうするか

自分と他人の間における想像力の欠如や無知から、突発的な不運に見舞われるケースを、SNSでよく見かける。 それに対するリアクションは、#metooみたいに私はもう我慢しないというような爆発か、不運が招く恐怖に萎縮してして何もできないという結果になるか…

あなたは速読派?それとも遅読派?

最初に 本の読み方 スロー・リーディングの実践 (PHP新書) を読んで、速読をクソミソに平野啓一郎がけなしていたので、そんな一辺倒に速読がダメで、遅読が素晴らしいと言えるものなのか?という疑問をいだいたのです。

キムチチーズ

こんにちは、今日はクリームチーズとキムチを和えました。 クリームチーズはKiriを使っています。 Kiriはそのまま食べても美味しいですが、個人的にはちょっと味が薄いのです。 いろいろアレンジしたら、面白いかもしれません。

サバニラ

こんにちは。今日も簡単おつまみを作りました。 今日は「サバニラ」です。 サバの缶詰を使いますので、もともとサバに味付けはされていますが、ちょっとアレンジして味を足してみました。 のせるだけのおつまみですが、まあまあイケる。そんなおつまみです。

ラー油ニラ冷奴

こんばんは。 今日のおつまみは「ラー油ニラ冷奴」です。 まだ冷奴でビールには早い季節かもしれませんが、味は結構よかったです。 でもひとくち食べて、「あっ…!」って反省しました。その理由は後半で。

長芋のなめたけ和え

1万年ぶりくらいに、おつまみネタを書きます。 今日のおつまみは「長芋のなめたけ和え」。 長芋の皮をむいて切って、味のするものをのせるだけの、ズボラつまみです。 長芋のシャクシャク感が楽しめるのと同時に、長芋となめたけのヌルヌル感も味わえます。…

「チャンネルはそのまま!」視聴メモ

不安をあおったり、安心させたり。笑って、泣かせる地方テレビ局を舞台にしたコメディ・ドラマ。 毎話ラスト8~5分で、泣かせどころがやってくる。結構、ほろっとしたなぁ。 OPにしてもEDにしても、どこか「水曜どうでしょう」感がある。どこか抜けたハッピ…

続けられることを自分なりに

どんな業界にもキラキラに輝く有名人がいる。 その人に憧れて同じ業界に入ったり、その人そのものになりたいと思って頑張る人を何人もみてきた。 でも1日が48時間になるくらい頑張ったとしても、その人になれるわけではない。 なぜか。 歩んできた人生や、過…

さよなら、はてなハイク

はてなハイクが2019/3/27、17時にサービスを終了した。 4ヶ月前に終了を告知されて、ある程度は悔いの残らない形で過ごせた。 はてなハイクは、ベータサービスの頃から利用してきた。 ミニブログというサービス名だったけれど、SNS隆盛時代に規模的にも、利…

デザインの準備体操

2, 3年前から、ある程度の人数に配られる紙モノの表紙を作ったり、個展でDMを作ったりして身についたのは、自分の制作物に対して「これはダサい!」と言い切れる感覚かなと。その感覚は、まだまだ鈍いだろうけれども。 デザインレイアウトアプリのガイドとし…

やりたいことを探すための読書

ここしばらく、自分が何をやりたいと思っているのか、見えなくなっていた。気持ちも迷走する中、内発的な動機を見つけたいと願って、本を何冊か読んだ。 これらの本は、「〇〇をやれば一生安泰」というような答えは書いてないので、本を読んだだけでは、自分…

3つの抱負

今週のお題「2019年の抱負」 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 年末年始は、できるだけゆっくりしようと考え、本を読んだりして、ゆっくり過ごしました。 はてなハイクも終わってしまいますし、何かとウェブの使い方を考え…