ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

週報2020118

f:id:boundary-line:20200111163906j:plain

なかなか当たりません

宝くじ

 今年最強の金運日、などと占いで言われますと、「じゃ、じゃぁ…宝くじでも買ってみるか…」と買ってみたのです。

 ワクワクドキドキで抽選日がやってきて、結果を見ますと、末等当選。

 まあ確かに当たっている。しかし、「最強」はどこへ行った…?

 末等当選が自分にとっての最強運勢になるのかもしれません。悲しいけれど。

 

 

 

f:id:boundary-line:20200111162154j:plain

きのこ良いです

きのこリウム

 咲くやこの花館で開催されている、「POPなきのこ展」で「きのこリウム」を見てきました。

 その様子は、こちら

 きれいな照明のあたった人工環境で育つ「きのこ」の怪しい魅力。よかったな。

 写真を撮っていたら、後ろで作者の方がお客さまとお話ししている声が聞こえていたのですが、「きのこ」を人工環境で育てるのが結構難しいらしいです。

 苔リウムというのが、もともとの活動でいらっしゃるみたいで、活動拠点が大阪だそうなので、また見られる機会があることを楽しみにしています。

 

 

 

f:id:boundary-line:20191016204214j:plain

たぶん動物写真になります

グループ写真展参加予定

 今秋、東京で開催されるグループ写真展に参加できるかもしれません。

 参加できるなら、久しぶりの東京なので、現地にも行きたいですね。

 

 

 

f:id:boundary-line:20200113221424j:plain

なかなかしんどいです

1万歩あるき

 1日1万歩あるくことを始めました。

 夕方くらいで5千歩くらいあれば、夜に散歩して1万歩を目指せます。

 1万歩を散歩だけで歩くのはしんどいので、生活の中で座りっぱなしにならないことが、大事なんでしょうね。なかなか難しいです。

 

 

 

f:id:boundary-line:20191016204103j:plain

2/22は…?猫の日


2/22(土)写真を見せ合う会開催予定

 またやってみることにしました。

 詳細はこちら

 

 

 

f:id:boundary-line:20200117190449j:plain

かんぱーい

オフ会

 関東から旅行で立ち寄られた若者と、会ってきました。

 アニメ、ゲーム、マンガ、お酒、旅行などなど。

 2周り離れた方とお話しするのは、少しは苦労もあるかと思いきや、普通に楽しかったです。

 普段から、こういう内容を気さくにできる人としゃべるのが、大事なんだろうなと思います。

週報20200110

f:id:boundary-line:20200106144053j:plain

相変わらず1日の歩数が増えません


 相変わらず、本を読んだり、ぼんやりしたり。

 今年はまだスタートしていない先週でしたが、徐々に回転数が上がってきたでしょうか?

 しかし図書館へ行きましたのに、図書館カードを忘れてしまうあたり、まだぼんやりしているかも。

 

 今週は、和歌山へのドライブをしました。

 先週も予行演習していたので、本番走行でした。

 疲れるのは疲れましたが、きっちり走ってきました。

 

 後は、写真の勉強を少々始めたりしています。

 長らく写真の本も開いていませんでしたので、忘れていることがたくさん。

 他には、テキストの書き方の勉強も。

 

 読書はしばらく、写真とテキストの書き方に絞りたい、のですが…。

 図書館に行きますと、いろいろおもしろそうな本が並んでいて、困ります。

 今はできるだけ、借りる本の冊数を減らす方法を考えています。

 

 今週末は成人式が開催される市区町村も多いでしょうか?

 新成人になられた方、おめでとうございます。

 若人に、「大人になるって楽しい」と思っていただける何かを、私も作っていけたらな。

テキストアプリ

f:id:boundary-line:20200106144056j:plain

Open Sesame

 

Twitterの必要性

 このテキストアプリが作られて、Twitterの必要性が薄くなった。

 

write.hyuki.net

 

 自分用のメモなら、テキストアプリに書いておけば良いと考えるようになった。

 内省であってもTwitterで会話を見せるおもしろさなどがあった。しかし今は、独りで壁打ちしている人が多いと感じる。
 

 昔はTwitterにも共助の精神みたいなのがあって、みんな深く考えず、お節介を焼いていた。

 お節介が面倒なモノになって、なんとなく離脱していき、自分がTwitterで「誰か聞いて欲しい…」というポストも減った気もする。

 話をする関係が疲れるようになった時点で、あまりおもしろくなくなったのだろう。

 

Twitterアジールではなくなった 

 「誰か聞いて欲しい…」というのも、会話がTwitter上で筒抜けなので、深刻な話とか無理だし、誰がどこで見ているか分からん場所で、自分の生活を見せられるもんではないという、息苦しさが強くなったと思う。自分の場合は匿名性が薄れてしまったのもある。

 鍵をかければいい話かもしれないけれど、ネットには流れてしまうので、けっきょく大きく意味が変わらない。

 鍵かけるくらいなら、このアプリとEvernoteで自分だけが参照するテキストの山を作った方が、安心してストレス発散できるし、これでええやんという感じに落ち着いてきた。

 

おわりに

 このテキストアプリは、テキストを後でネットに流すこともできるし、個人のメモのままでも良い、という「選択肢」を与えてくれる。人にどう見られるかを考えずに、わーっと書き出せて、助かっている。

 ひたすら前に書き続けることが、自分の前向きさにつながったらうれしいのだけれど、どうかな?