ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

ネタの鮮度とハイカロリーを求めて

最近、何か新しい知識を手に入れたか?と自分に尋ねてみると、けっこう怪しい。

実用書を月に10冊くらい読み、毎日のように「はてブ」や「ニュートピ!」を見ている。つまり情報には触れているはずなのに、新しいことに巡り合えていない感じがする。

ましてや、「これは新しい!もっと知りたい!」と触発される情報となると、ぜんぜん出会っていない。

いくらか自分のテーマ探しをするなかで、改善すべきところは、もっと自分で情報を見つけるアンテナの数を増やすことだと思うようになった。

 

現状

ネットの情報まとめに上がってくる情報は、一般的なネットユーザーにとって話題になりやすい情報が集まるという状況なのだろうと推測している。だから汎用的で情報の熱量は全体的に低くなりやすいのだろう。結果的に面白話は聞けても、自分を触発するような熱量の情報には出会いにくい。

書籍は、手に取る前に全文検索ができるわけではないので、手に取って読んでみないと、情報としてアタリかハズレかわからないことが多い。未知の分野からすごいアタリ情報を引くこともある。ハズレのほうが多いけど。

ブログはハズレも多いが、いいブログを見つけられると、持続的に追いかけられるのでとても良い。私の思う良いブログとは、書き手の思考運動が見えるブログ。

 

ほかの情報源

あとはラジオ。自分が好きな番組を聞くのはもちろん、聞き流していたラジオで話されたことが、自分に刺さることはたまにある。しゃべりも洗練されているので面白い。

ラジオを頻繁に聞かないのは、ラジコやラジオクラウドにしても、番組が多すぎること。メニュー画面で、どんな番組かな?と画面をスクロールするだけで満足してしまうことが多い。

 

最近みつけた情報源

ということで、何か新規の情報源を探したいと思い、ぐるぐる考えた結果思いついたのがPodcastだった。

「え、今更?」「ラジオと何が違うん?」という声も聞こえてきそうだ。Podcastも番組数は多く、メニューを見て満足しがちだが、更新が続いている番組はそんなに多くない印象がある。

私が思うPodcastの良さは、(できれば仲の良い)3人くらいのパーソナリティで、特定のジャンルについて井戸端会議しているような番組で見えやすい。

その心は、まず「楽しそう」という雰囲気を味わうことだろう。

Podcastはスポンサーなどの制約がないことが多く、自由にパーソナリティが思うことを話せることが一番の良さだとは思うが、それよりも先に番組から楽しそうなしゃべり声が流れることで、安心できるし、また聞きたいと思うのだろう。

情報源としては?という部分は、特定のジャンルで話していることがまずあり、その熱量についていける適切な長さのPodcastなら、十分な価値がある。さらには「楽しく」話が脱線した時に、話題との偶然の出会いがあることが、楽しい、うれしい気持ちにさせてくれる。

 

情報を手にした後に

Podcastを激推している感じに受け取られたかもしれない。実際、Podcastは最近とても楽しく聞いている。

でも、情報源は複数持っておくことが重要ハズレが多くても、一般的な話題であっても、「自分が何を探しているのか?」というものを明確にして、情報を探すことが大事だと思っている。

そして熱量の高い情報に出会えたら、ブログに書いたり、誰かにしゃべったりして、アウトプットしましょう。自分の発見が整理されていくので。

 

最後に

ネットの情報があふれかえり、自分で探しに行くより、ネットから個人に情報が勝手に流れ込んでこないようにするのが、難しい世の中かもしれない。

たまに情報遮断するのもいい経験にはなるが、情報の海からサヨナラするには、私はまだ早い年齢だと思う。

歳をとっても、ガジェットやサービス、デザインの技術進化で、新しいことをキャッチしやすくなっているといいな。

ひたすらにバタバタしてる昨日今日

写真もお話も、何かを媒介させる手段に過ぎなくて、手段自体をテーマや目的にするのは、ちょっと違うと感じる。

 

千葉雅也の『勉強の哲学』に出てきた「欲望年表」から、または大沢真幸が『考えるということ』で書いていた「生きづらさ」から、出てくるようなテーマを見つけたいのだろう。

テーマを見つけようと、書き出すことも何度かした。書き出したことを無駄にするまいとは思うが、キーワードとして捕まえるほどの明瞭度がなく、ぼんやりと存在を感じるだけで終わってしまう。


それで自分には何もないと思うのもひとつであり、すべてをあきらめて怠惰な残り時間を過ごすのも手ではある。

現在という点は、生と死の中間でしかない。あきらめてもいいし、あきらめなくてもいい。

 

私は「夜空の星々のように、点としてぼんやりテーマが存在してるのでは?」とあきらめてない。

点と点をつなぐ時の喜びを知っているからこそ、あきらめたくないのではないか。

足元ヒーターで冷え知らずの冬を

去年、冬の冷え込みが厳しくなった時期、エアコンで部屋を暖めると頭がぼんやりするし、足用のホットカーペットではちょっと寒い…と、机の下に置ける足元用のヒーターが欲しいと思ったのです。

しかしウェブ通販で調べてみると、軒並み売り切れ。みんな考えることは同じなのでした。

 

そして今年の冬がやってきています。

ここしばらく暖かい朝が続いていましたが、「季節が進むにつれ、足元が寒くなっていくだろう!」「今年は忘れずに、売り切れる前に買ってしまおう!」と思い、アイリスオーヤマのデスクパネルヒーターを買い求めました。

 

私の決め手は、サイズでした。(まず使う机の下のサイズを測った方がよいです)
ヒーターの高さは高い方がいいと思いましたが、ヒーターを観音開きにする横のサイズが広い方がいいだろうと思いました。
(ただどのメーカーも、数センチ~5センチ程度の差くらいです)

あとは、何か問題が発生したときに、きちんと対応してくれそうという期待を込めて、ポチりました。

 

届いたものを早速使ってみると、ちょっとだけ問題が。

ヒーターを加熱すると、プラスチックを加熱したようなにおいが少しします。

何度も使用するうちに消えていくのかもしれませんが、においに過敏な方は注意された方がいいと思います。

 

しかし使ってみると、スネから足までほんわかと暖かく、ランニングコストもエアコンで部屋を暖めるよりは良いので、手放せない暖房器具になりそうです。