ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

自分の趣味を磨く結果は孤独へと続いていくか 

 誰かが趣味の芽を出そうとするとき、みんなで優しく見守って育てるのは大事です。

 趣味をスタートさせるときは、誰しも経験を積んできた人のすごいウデマエをみて、「自分はまだまだだけど、いつかはああなりたい」と思ったりするものです。

 しかしある程度自分のウデマエが上がった後も、皆が優しく見守ってくれるSNSのような場所にいられるのでしょうか?

 

 自分の話をしますが、私はある程度写真撮影の経験を積んできたので、私が夕景を1時間かけて撮影し、その後1時間写真編集をしてお見せする写真と、たまたまいい夕景に出会って、スマホでメモ代わりにサッと撮って見せてもらう写真では、見栄えに差が出ます。

 

 それぞれの写真に貴賤はないのですが、頑張って撮られた写真と、サッと撮られた写真がSNSに並ぶと、頑張った写真が簡単に撮られた写真をブン殴っているように見えることがあります。

 私は自分で写真が得意だと思っていますが、そんなに得意でもなく、経験も豊富ではない文章をSNSなどに書くことだと、気後れします。

 SNSに写真を載せることを、気後れする人がいるかもと配慮するなら、私も無編集の写真をお見せすることなどしても良いカモと思いますが、私は私で写真の練習を重ねて、さらにいい写真をお見せできるようになりたいので、手加減した写真を作るというのは、私にとっていいことではないでしょう。

 

 これから写真を始めてみようとか、写真初心者を委縮させるような頑張りは、私の望むところではないですから、みんなでゆるくワイワイ楽しい雰囲気のSNSに、今の自分の頑張りをお見せしていくのは、そぐわないのかもしれません。

 嫌われているかもしれないと感じる相手には、だいたい嫌われています。だから今回の話も遠からず、という面がある気がします。

 趣味である程度のことができるようになったとき、もっと上を目指してみたいなと思ったとき、みんなでゆるく楽しくという場所からは離れていくか、自分が何か新しい行動を始めないと、趣味をみんなでワイワイ楽しむことはできなくなるのかなと思うのでした。

撮りたい写真はどこにある?

 スマホよりも高性能なカメラを買ってみて、自分なりに写真を撮ってみたものの、撮りたいものが何か分からない。一眼レフや高級カメラを買えば楽しくなると思ったのに、思ってたほど楽しくなくて…。どうしたらいいの?という方に。


自分以外の人が撮った写真もたくさん見ましょう

 突然ですがあなたはどんな写真を、どれだけ見てきましたか?そしてどんな写真が記憶に残っていますか?

 世界には写真が溢れかえっています。PCモニターやスマホ画面の中、街を歩けば広告看板にも写真がたくさん使われています。

 好きな写真作家がいる方や、友達の写真が好きで見てきたよという方もいらっしゃるでしょう。

 国内だけでも写真はたくさん見られますが、単純に人口の多い国外にはもっと多くの写真があります。

 世界中にある写真世界にはどんな可能性があるのか、どのような種類やジャンルがあるかを、まず知ってみましょう。

 方法としては世界を旅する、たくさん写真集を読む、写真ギャラリーに足を運ぶことができる人は、得るものが多いですから、ぜひ試してみてください。

 でも…、いきなりそれは敷居が高いと思う方も多いでしょう?

 そこで今回は、インターネットにつながったPCかスマホがあればできることを書きます。


お気に入りの写真を探しましょう

 勘のいい方はピンときているかもしれません。私がこれからおすすめするウェブサービスは、インスタグラムやピンタレストです。

 「それは知ってる」と思われた方、ジャストアモーメント!もうちょっとお付き合いください。

 私がオススメしたいインスタグラムの使い方は、「お気に入り画像のスクラップブックを作りましょう」ということです。

 いい画像たちをストックして、スキマ時間に見返し、これこそが自分の撮ってみたい写真の世界観に近いという画像を(最低でも100枚くらい)見つけることが大事です。
ここで枚数が必要になるのは、写真Aより写真Bが良いという写真の比較をする練習になるからです。言葉で明確に写真の違いを説明できればベストですが、直感で「こっち!」と選ぶことを繰り返すことも十分意味があります。

 インスタグラムやピンタレストで、気になるハッシュタグキーワードを検索してみましょう。検索すると、自分のTLで見ていた写真と似ている画像もあるでしょうし、これは見たことが無いという画像も見つかると思います。

 

インスタグラム(Instagram)での保存方法

①お気に入りの写真に出会えたら、右下のリボンマークをタップします。

 

①自分のプロフィールページから

②リボンマークをタップすると、お気に入りの写真一覧を見ることができます。

 

ピンタレストPinterest

 お気に入りの画像を収集することに特化したウェブサービスです。日本語対応していますし、直感的に使えると思います。オススメされる類似画像も精度が高いです。

 

自分なりに真似てみましょう

 いい画像たちを見つけたら、なぜそれらが良いと思えるのか?仮説を自分で立ててみましょう。

 雰囲気がいいという言葉でしか言えないなら、分解してみましょう。その雰囲気はどういう要素なのか(被写体への光の当たりかた、背景はどんな場所か、撮影の季節・時間帯は?被写体の表面の様子、構図など)を良く見てみましょう。

 そして、自分でその画像を真似てみます。まったく同じ写真を撮れなくても、落ち込むことはありません。最初は自分のできる範囲で似せてみることが大事です。

 どうすれば似たような写真になるか分からなければ、カメラテクニックをまとめた本を読んでみましょう。ヒントになるテクニックが見つかると思います。

 


おわりに

 自分の写真を撮りたいのに、自分以外の人が撮った写真を見るのは納得がいかない、という方もいらっしゃるかもしれません。

 自分の取りたい写真は自分で探す、だから色んな被写体をどんどん撮っていく。この方法でも撮りたいものが見つかる人はいらっしゃいます。

 今回は写真にそこまで情熱を「まだ」持てないという人に向けて書いてみました。

 特に初心者の方は、自分の好きな写真たちを収集すると、自分の中の引き出しにいろいろ情報が入ってきて、自分の撮りたい被写体や雰囲気が見つけやすくなります。

 まずは簡単にインスタグラムやピンタレストで、世界にいろいろな写真があることを知っていきましょう。

正解ではなく

昔、写真の先生に「君がみているのは、テクスチャなんじゃないか」と言われたことがありました。写真を撮り始めた頃からアンダーで撮る癖があったので、大きくは間違っていないのです。その言葉は正解であるようで、でも何か違うような気がしていました。
 

存在の本質とは?

去年の夏頃、「自分はプシュケを撮りたんじゃないか」とふと思ったのです。存在そのもの、あるいは存在の本質を写したいと。
たとえば、ハトの本質は?と聞かれたら、とても難しいです。
しかし絶対的な正解が存在するという訳ではなく、自分なりの「ハトの解釈」をすれば、これこそがハトの本質というモノが見つかるような気がしています。
それは「クルックー」というハトの声かもしれないし、ふっくらしたティアドロップの形をした翼でもいいし、翼を広げて空を行く姿もまたハトらしい。
要素の分解でたどり着けるのか?という疑問もあります。たまねぎのコアを探したいと、皮を剥いていっても何も見つけられないでしょう。
つまり自分なりに被写体を解き明かすことが重要なんじゃないかと。そして、それを適切に表現できる手法を選ぶことも重要でしょう。本質を抜き出したいと思うなら絵を描く方がいいかもしれないと、時々思います。

 

調和と目新しさ

写真の本質とは、何を写して何を写さないかという選択眼だと思っていますが、写真という画像に切り取られる要素の間で調和が取れていることも大事でしょう。
しかし調和しているということは刺激が薄く、それだけ凡庸でもあると思うのです。
一方で目新しさのみで表現することは、避けたいと思っている節があります。自分が写真を始めて以来、魚眼レンズ、空玉レンズなど、パッと目を引きつける写真が撮れるレンズを見てきましたが、今ではインスタでも使っている人に出会わなくなってしまいました。
画像加工ソフトで、そういった写真が作れるようになった面が大きいとは思いますが、技巧的面白さで作品をつくるのは、あまりいい道とは思えません。技術は陳腐化するから。
 

写真加工

ここ最近、写真の技術的側面である写真加工で遊んでいますが、写真加工もやり過ぎてしまうと、美麗さという脂でコテコテの見苦しい写真になっているのではないかという危惧もあります。 自分が探したいと思っている、本質を見失うという意味で。
元来、写真加工はやりすぎることが多く、見た目に派手になりやすいのではないでしょうか。特に加工に慣れない内は、見た目に分かりやすい変化を付けたくなってしまい、派手に加工してしまう。そして加工にかかった時間だけ、作者のその写真への愛は強まると。
私は意固地になってしまう面があるので、あんまり重い愛を込めすぎるのも、自分の写真を柔軟に見ることができなくなるのは、困ります。
写真加工は、自分の見たい世界を写真画像に落とし込むためや、画面の中の視線の動きをスムーズにするためのもの。 自分なりに「自分のイメージする世界」というゴールをつくらないと、作業という迷走で疲れたところがゴールになってしまいます。
自分のイメージする世界は、習作を真似ていって、写真加工を身につけていく上で見つかるんじゃないかと淡い期待を持っていますが、それも今の自分の写真が迷走しているような同じ状況に追い込まれていったら、しんどいだろうけれど。
 

おわりに

被写体の本質を探すことも写真加工をすることも、終わりのない相対的な正解を探し求めるのではなく、どこかの地点で「自分の中では、こうでなければならない」と言うような断定が必要なのでしょう。
それが世界にとって新しい一歩になるなら、それこそがアートなんでしょうね。
写真は結局好きか嫌いかで決まると書いている人もいます。一般的には、それでいいのかもしれません。いいねがたくさんつくと、いい写真と思えるように。
でも私は、写真の歴史の文脈の中で何を引き継いで、何を付け足せるのか、そのチャレンジがあることを大事にしたいと思っています。