ウサギノオト

ぼんやりした考えを、コネコネしてみる。

自分の写真が下手だと思ったら

 「自分の写真は下手だな」と思うことには、2つの方向からの見方があると思います。

他人との比較

 ひとつは、他人との比較でそう思うことです。インスタやSNSに並んでいる他人の写真と比較して、自分が下手だと思うことが多いとつらいでしょうね。

 別に私は自分の写真が上手いと思っているという訳ではなく、表面的に見栄えのする写真を見て「きれいだな」とか「いいね」と思っても、写真が大量にTLに流れてくるので、ひとつひとつの写真を覚えておらず、直接的に自分の作風が影響されることは少ないです。

 

 ちなみに私が上手いと思う写真の基準は、例えば写真を見た2週間後にその写真を思い出せるか、という基準です。写真の第一印象は、とにかく目を引くことを覚えようとしますが、2週間もたつとディテールはおろか、おぼろげなイメージすら思い出せなかったりします。少なくとも、記憶力の低い私はそうです。

 でも2週間どころか、数年経っても「○○さんと言えば、あの写真だなぁ」と思いだせる写真があります。思い出せる/出せないの差が、何なのかまだ私には言語化できませんが、厳然とその差は存在しています。ちょっと思うのは、見た写真と自分が対話したかどうか、と言うことのような気もしますが、気のせいかもしれません。

 このことは自分が上手く撮れたと思うこととは関係なく、写真を見た相手の中にあるので、その感想を聞くことが無ければ、永遠に知ることの無いことです。自分から誰かの写真への感想をあまり言わないので、そういうことを言えるようになっていきたいと、Zineをみていて思いました。

 

自分の世界観との比較

 話を戻して、「自分の写真が下手だ」と思うもうひとつは、自分の中にあるイメージを、写真で再現できたかどうかという、自分の世界観と自分の成果物との比較です。

 この点においては、自分は下手ですし、よく反省します。

 シャッターを切るときに、自分のイメージがしっかり立っていることは、あまりありません。ごく稀に上手く行くことがあるくらいです。しかし撮りながら考えていくというスタイルでもいいと思います。

 写真は、撮った後で自分のイメージとのすり合わせをしてもいいと思いますが、私は自分の撮った写真が、自分の気持ちというパズルのどこに収まるピースを撮ったのかを把握するのも苦手です。

 

 この点において私が長らく思っているのは、自分の引き出しの少なさだと思っています。写真を見る目が無いと自暴自棄に書くこともありますが、ならばもっと写真集を観る/読むなど、自分ができることはまだまだあるのが現状だと思います。

 また、自分の写真を振り返る時間を、最近あまりとっていないことも大きいのかもしれません。写真はPCなどのモニターで見返すことでもできますが、まず写真をプリントしなくなって久しいことが影響しているように思います。自分の写真との対話が必要ですね。

 

おわりに

 私はいくら素敵な写真を見ても、自分が撮れる写真は、良くも悪くも自分の分身みたいなものでしかないと思っています。

 撮った写真を盛っても、メッキしてもいいと思いますが、写真が大量に溢れるこの世の中で、写真は何のためにあるのかな?ということを思います。

 きっと、写真を撮る・見せる場面ごとに優先順位は変わるのでしょう。そんな中でも本質を見つけたいとは思いますが、時代によって変わるものも大きいと思います。

スタートライン

 何かやってみたいなと思っていること(趣味など)があるなら、スマホなどで10分タイマーをセットして、ちょっとだけやってみるのです。

 10分間というのが大事です。「やってみたい」、「好きかもしれない」という気持ちであっても、いきなり30分間とか1時間やらないことが大事です。

 

 タイマーが鳴って終わりにできることは、あなたにとって普通のことです。

 そのことを続けていくこともできるかもしれないですが、至って普通の事柄でしょう。

 気持ちに余裕があって、他のことも気になっているなら、それも同じように10分タイマーで試してみるといいと思います。そちらの方がいいかもしれません。

 

 で、10分間のつもりが、もうちょっと延長したい気持ちがあって、30分間とか1時間続けられることは、あなたにすごく合っていることです。

 それは普通のレベルじゃなく、すごく情熱を持って取り組めていることの証です。

 そのことの成果物が、上手くできたとか下手だったという、誰かとの比較の問題にするべきことじゃないと思います。

 

 その30分間や1時間を苦痛に感じていないなら、なおさら続けるべきだと思います。

 そのことが稼ぎにならなくても、世間的な成功につながらなくても、続けた方が良いでしょう。

 

 充実しているとか、楽しいと思えることが分からないなら、10分タイマーを基準に考えてみてはいかがでしょう。

10月の読了

一覧

『世界一やさしいイラスト図解版!ランチェスターNo.1理論』坂上仁志

村西とおる語録集 どんな失敗の中にも希望はあるのでございます』村西とおる

『「孫子の兵法」のことがマンガで3時間でマスターできる本』安恒理本

『実践版 孫子の兵法:人生の岐路で役に立つ「最強の戦略書」』鈴木博毅

『アイデア大全--創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール』読書猿

『最高の戦略教科書 孫子守屋淳

 

ピックアップ

 「ランチェスター理論」も「孫子の兵法」も、スプラ2で強くなるためにと読んだのですが、ビジネスや人生で戦略をどう使うかという内容で、なかなか良い本でした。


鈴木博毅「孫子の兵法」は、平易に書いてあって文庫サイズと、入門書としてよかった。気づきの多い本。

実践版 孫子の兵法: 人生の岐路で役に立つ「最強の戦略書」 (小学館文庫プレジデントセレクト)

 


守屋淳孫子」は、もうちょっと孫子を知りたい人向け。孫子の兵法を、現代社会に適用出来る場面、矛盾する場面の考察が豊富。プロスポーツやビジネスシーンで、孫子の兵法がどう活用されているかも書かれており、良書。手元に置いておきたい。

最高の戦略教科書 孫子

 

『アイデア大全』も手元に置いておきたい本。ブレストのやり方をまとめた本だが、基礎的なことも何が出典元かあきらかにして、どうツールを使っていくか書かれているので、非常に良心的。

アイデア大全――創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール

 

村西とおるさんの本は、逆境をどう生きるかという内容だった。生存バイアスは強くはたらいている本だが、人を喜ばせる仕事という観点からのお話は、大変だなと思いつつ楽しく読ませていただいた。

村西とおる語録集 どんな失敗の中にも希望はあるのでございます